四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
サーフィンで街おこし!
昨日の日経流通新聞の一面の特集記事。




オトナ波乗り 町潤す~「サーフォノミクス」日本にも
 エコや自然保護へ高い意識、移住者や新ビジネス続々


サーファーをテコに街を活性化させよう――。全国の自治体に、そんな動きが広がっている。「派手でチャラ(軽)くてカネ遣いは渋い」。そんなイメージは昔のもの。今のサーフィンはエコや自然保護など社会意識が高く、ゆとりある大人たちが主役だ。米国同様、サーフィンは地域活性化の救世主になるか。
[2014年4月11日付]

これを秋田でもできないのか?

よく知らないけど、西目町は全国でも有数の波乗りの最適地だそうで。

冬以外の季節で、西目の海でサーフィンしてないのを見たことないです。

常に誰かが板につかまってます。

夏以外でもできるんですね~(ホントによく知らなくてごめんなさい)。

子育て一段落したら、やってみたいな~(スノボも)。

スポンサーサイト
page top
文春を読んで子育てを考える
もう新しいのが発売されちゃいますが、
文春を読んで感動したので紹介を。

 週刊文春 9月22日号

「阿川佐和子のこの人に会いたい」が、先日秋田さおざってくださった、
上原ひろみさんでした。
数か月前にアエラを読んだ時、
天才ピアニストなのに、ピアノを始めたのが6歳なんだ~
早けりゃいいってわけでねーんだ~
と思いました。
しかもヤマハで習い始めた、と。
浜松出身だからか、と思いつつも意外。
天才アーティスト=早期教育&有名教師の個人レッスン、
というイメージがあったので。
で、文春を読んで、謎が解けました。

私もごしゃいてばっかいねで、もっと本を読んであげよう、
習い事は、のびのびと指導して下さる先生にお願いしよう、と思いました。

それにしても、上原さんの生演奏、聴いでみでがったな~~。


「新・家の履歴書」は日本文学を研究しているロバート・キャンベルさん
外国出身で日本を研究されている方は
驚くような日本語を話すのですが、彼もそうでした。
まさか自らの幼少時を秋田名物の「じゅんさい」で例えるとは!
私もじゅんさいのようになってわらしを育てるべ、と誓いました。

ということで、文春で育児について学びました。
あ、池田暁子さんの「人生モグラたたき!」も。
子どもの絵が素晴らしい理由を簡潔にまとめていて、なるほど、と。
やっぱし子育ては難しいけど、奥が深いな~。   
page top
アエラ 7月18日号と 週刊現代 7月30日号 を読んで



毎号購読しているAERAと、3.11後に購読するようになった週刊現代
最近は我が子を放射能から守る親の苦悩を伝えている。
放射性物質やホットスポットなど
目に見えない、悪影響は即時に現れない、
ましてや政府が「ただちに影響はない」と言い切るものを相手に
人生まだまだこれからの子ども達を守るのは至難の技。

福島も東日本も、全ての親子が安心して暮らせるようになるには
なんとせばいいんでしょうか。
つづきを表示
page top
日経流通新聞 5月23日 と 秋田魁新報 6月1日
先日、久々に秋田県内企業が日経流通新聞のトップ記事に掲載されていました。



東日本大震災で、CGCでも約100店が被災。
しかし、津波で流された店以外の多くの店が数日以内に再開。
しかも比較的多くの品揃えのもとに。
それは福島県内のCGCの食品売り場をみた業界人の舌を巻かせるほど。

CGCでは一定規模の地震が起きると、
加盟店からの発注を待たずに、本部がメーカー・卸からの緊急対応商品の調達に着手。
通常の埼玉県のセンター以外、愛知や福岡、石川などのセンターからも配送。

そして、青森のマエダ、秋田のタカヤナギ、山形のオーバン、新潟の原信ナルス。
同じCGCの企業が自主的に支援したのです。

タカヤナギは3月23日に同じCGCグループ企業の
宮城県大河原町さあるスーパー、フレスコキクチ大河原店さ
秋田県産牛乳や和菓子、豆腐など70万円分の食品を提供しました。

 タカヤナギ 弊社より救援物資および救援金を寄贈いたしました

3月の物流事情悪化、買い占め多発で、秋田県内のスーパー、コンビニ等でも品薄感が漂う中、
タカヤナギは「物がいっぺーある!」と評価されていました。
明らかに普段来店していないだろう客が多く見られました。
その後も来客数は震災前よりは減っていないように感じている私ですが、
実際の数値はどうなんでしょうか。

飯田に続き、福田のマックスバリュもビックに転換。
この二店も駐車数は以前よりも増えているように見えます。

今朝の魁には、タカヤナギが現在行っているキャンペーンが紹介されていました。
日々の生活の中から、わずかながらでも被災地へ協力できることを
快く思っていたので、長く続けていってほしいものです。



つづきを表示
page top
月刊アンドナウ 9月号
あんどなうの9月号が発売されました。




特集の
「特典つき!気になるあの飲食店を徹底取材!
2010 上半期・美味しいニューフェイス
がいがったです。

オープンしたのは知っていたけど、どうなんだろ?
と思っていたお店が、ずらーっと紹介されていて、
行ってみようと思いました。
読者限定の特典もあります!
事前情報なくドキドキして行くのより、
ちょっとわかった上で行きたい、小心者の私には助かる特集でした

ズームアップ 地元
~第2回 遺跡の巻♪~
もいがった。秋田にも古くからの歴史があって、
ずーっと続いているんだ、と実感。
いつかこれらの遺跡をじっくりめぐってみたいです。

今月は横手・平鹿の話題が特に力が入っていました。
9月と10月はイベントが目白押しで、
「よこて黄金月間2010」
だそうです。
このページと隣のイベント情報詳細は利用価値大!

280円。書店やスーパー、コンビニでどうぞ。


 アンドナウ2010年9月号

大曲もそれなりにイベントがあるはずなんですが…秋まつりとか納豆まつりとか…


映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。