四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
国産野菜にこだわるリンガーハット
先月上京した際、行きたかった店の一つがリンガーハット。
関東在住時、リンガーハットとモスは数少ない貴重な外食先だった。
長崎ちゃんぽんor皿うどんとチャーハンのセットは数え切れないほど食べた。
秋田にはないので、夫から聞く「今回もリンガーハットエクスプレスだった」に
懐かしいなぁ、と思っていた。

そのリンガーハットが大胆な改革をした、と聞いたのが昨年。
安売り競争には乗らず、国産野菜にこだわった安心安全志向で行く、と。
夫は「高いからみんな行かなくなるよ」と心配していたが、
私は敢えてその方向を選んだ決断に感動した。
これで農家が安心して作業してくれれば、と。

深夜に一人でリンガーハットお茶の水店へ。
事前に聞いてはいたが、国際的なスタッフに秋田県民の私は恐縮。
でも皆さんとても親切な接客で嬉しい。
国産野菜をたっぷり使ったちゃんぽんと餃子を頼みました。


20100118174102

この続きは、今日のテレ朝で7時にやる番組を見た後に☆

20100118174104

スポンサーサイト
page top
シアタープレイタウンで観た「未来の食卓」と東洋経済10/17号「ニッポンの食と農業」
念願かなって「未来の食卓」をシアタープレイタウンで、
初日に観ることができました。

20091024075416


感想は…半分は予想通り、半分は予想以上。

詳しくは、観てのお楽しみ、ですが、
日本人が作るドキュメンタリー映画とは、違いますね、やっぱり。
宗教観というか、経済観念、国を超えた大陸を一つと見るというか。
こういう作品を秋田で観ることができて、本当に恵まれた、
ラッキーだ、とシアタープレイタウンさんに心から感謝です!

 映画「未来の食卓」公式サイト


 シアタープレイタウンのHP

上映は、日曜日まで。
色々と考えされられる映画を観て、今日は本当に満ち足りています

つづきを表示
page top
グランマート白金店で
久しぶりに白金のタカヤナギさ行きました。

駐車場はほぼ満車。
店内は帰省してきた家族や、迎える側の親などで大賑わい。
やっぱり活気のある大曲はいいな~、
と思いながら外へ出ようとしたら、見覚えのある写真が。

090812-170821.jpg

この店に勤務し、先月チェコで開催された知的障害者バスケットの国際大会に
日本代表チームの主将として出場した齊藤さんの写真でした。
なしてここさ!?と思ったら、
ポーランド在住で、この大会へ応援しに隣国へかけつけた
大仙市出身の加藤さんが、タカヤナギへインターネットで送ってくれたそう。
迫力ある写真から、大会の雰囲気が伝わってきました。

20090813231438

加藤さんへの感謝する旨の文章と共に、掲示されています。
向かって右側の入り口から入ってすぐ、
ベーカリーコーナーの柱にあります。
お近くの方は、ぜひご覧ください。
page top
リチャード・ギアが「あきた」と言った!
今日、昼食時にテレビをつけたら、徹子の部屋にリチャード・ギアが出ていました。
映画「HACHI 約束の犬」の公開で来日したときに収録したんだな~と思い、
途中からでしたが、見ていました。

黒柳徹子さん、和服でビシッとしていてカッコイイ!
リチャードさんも褒めていました。
やはり日本人は和服ですね~。

彼は黒沢監督を神様のように尊敬していました。
そんなにスゴイ監督なのか、と改めて思います。

そして他局ながら、「HACHI 約束の犬」についての秘話も。

ハチ役は三頭なんですね。
それを語ったとき、「、AKITA ~」と言ったんです、
世界のリチャード・ギアさんが「秋田」と!!


戸田奈津子さんの訳も聞きつつ、彼の英語を聞き取っていたら、
「あきたいぬ」のことを話した時だったんですが、
ドテンしました、「あきた」…当然ですが。


十数年も昔、検索で「あきた」をかけたら、
全て海外のサイト、しかも「秋田犬」のことで驚きました。
アジアや北米、ヨーロッパ、中東…。
秋田県のことを探したつもりが、あきたいぬで、しかもその人気にドテンしました。


これを書くために、ハチ公の映画を調べたら、この映画の制作決定の頃のニュースサイトで、
「柴犬の子犬」と報じていたところがあり、ショック。
秋田県民以外の全国の人は、ハチ公=秋田犬だと知らないものなのかしら。


夫は「HACHI じゃなくて、ハチ公物語だよ!」と言っています。
今の若い人は20年以上も前の映画なんて知らないでしょうよ。
そんな夫に「アキタケンじゃなくて、あきたいぬだよ」と言う私。

子どもの頃、近所に秋田犬が居て、大好きで、毎日会いに行ってました。
めんけーだけでねくて、さがしくて。
最近秋田犬さ会ったことねぇなぁ。

つづきを表示
page top
昨夜のWBSの特集「海の道が拓く 中国 未開の地」を見て
昨夜のWBSで、日本海からロシア→中国への新たな物流のルートを特集していました。
(動画無いようです、残念)

旧満州だった地域は、内陸部で、
雇用の確保が安定し、日本語を話せる人も多いということで、
日本企業が沿岸部からシフトしてきているそうです。

しかし、黄海経由だと時間かかかり、
日本海直送だと時間は短縮できるが、韓国や北朝鮮、ロシアを経由する必要がある、
ということで、簡単な話ではなかったそうです。

交渉の末、ロシアで陸揚げしても関税がかからないようにし、
70km離れた中国へ輸送できるよう、新海路が就航したそうです。

とても興味深い話でしたが、では輸出する港は…まさか秋田港!?
とドキドキしていましたが、
やっぱり新潟港でした。


秋田港のシーアンドレール計画はなんとなってるのよ!?

秋田臨海鉄道使えば、陸送使わずに鉄道→船、と直でできる
新潟にはできない技はなんとしたー!?

これからは中国なしでは日本はやっていけないでしょう。
生産工場としての中国ではなく、
市場として中国人に購入していただく、という視点が欠かせません。

新潟よりも良い点をもっと声高に、
県をあげて「シー&レール構想」を現実化すれば、
我が秋田にもまだチャンスがあります。
のんびり国に予算請求するのもいいけど、
どんどん調査して一日も早く実現してほしいです。

前に行ったセリオンの展望台からの眺めは、
私には今後の秋田の希望のように見えました。
映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。