四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ぼの、ラストラン。
ついに定期運行最終日になってしまいました。


寝台特急あけぼの。


魁の「きっぷ情報」の列車欄。




空白が一日、一日と増えるにつれ、
寂寥感でいっぱいになりました。

ここ数年間、家族で年に数回上京する時は、あけぼの利用でした。

大曲でこまちに乗ればあっという間に東京、
とわかっていたけど、子連れの旅で宿泊費も浮く、
夜行列車特有のワクワク感はあけぼのだからこそ、でした。

自宅で入浴と夕食を済ませ、秋田へ向かう車中は
BB観戦とは違うドキドキで興奮状態。

秋田駅で竿燈やなまはげ、ミニSLとリゾート白神の記念撮影板の前では、
毎回飽きずに撮影会。

そして、雨でも吹雪でもホームで飛び跳ねてあけぼのを待ち、
ヘッドライトが見えた瞬間、旅が始まる…。

あと一年位は続くと思っていました。

最後に乗車したのは10月。

台風で、下りが運休になってしまい、急遽E3系で悔やみながら帰宅したのが、最後。
ある意味、あけぼのらしくもありました。

今後は繁忙期に臨時運行するとのことですが、
どうせ日本海みたいに、ひっそりと終わってしまうでしょう。

臨時の時は大館や本荘、象潟の人達に乗ってもらいたいし。

ヤマサ同様、我が子にはいつまでも覚えていてほしい、
寝台特急で旅行したんだよ、ということを。

JR秋田支社さんは、ぼのの為に尽力していたこと、知っています。

廃止に憤りを感じているのは、鉄ヲタじゃあない、普通に利用していたお客さん、安全に定刻運行に頑張った鉄道マンの方々です。

あけぼの、
運行に関わったJR関係者の皆様
今まで本当にありがとうございました。

気軽に利用できる寝台列車が、
いつの日か復活することを祈ってます。

A1、Bソロじゃなくていい、
B寝台のボックスで、もう一度だけ乗りたかった~!!!


夕方から夜の全局で放送されるあけぼののニュース。
号泣しそうだから、見ません。

E3系とあけぼの。

秋田に戻ってから最も利用した列車たち。
さようなら。



スポンサーサイト
page top
あけぼの廃止、ついに正式発表(T_T)

やはり噂ではなく、本当だった。


寝台特急あけぼの

3月14日で廃止。


車両の老朽化?

ブルトレ本来の良い味出てるで、

まだまだ使えるべった!


利用客減少?

おれがたが使い始めて3、4年経つが、

ここ1年は減少どころか、以前より多いど!

さらに、河北新報が発表してからは、

乗車率激増!

最後にもう一度乗りたいと思っても、

大人の休日とか言うジジババフリーパスで、

若者全然券買えね~んだど!


繁忙期に臨時運転とか言いつつ、

日本海みたいに、ひっそりフェードアウトするんだべ!?


さらには、青春18きっぷをやめたい意向があるとか!


あり得ない、若者ますます汽車旅しねぐなるど(`Δ´)

おれが鉄道に興味持ったきっかけが

18きっぷだった。

関東から様々なルートで、

途中下車しながらの節約帰省。

これで北関東や東北のことを学んだ。


わらしがもう少し大きくなったら、

一緒に普通列車を乗りまくろう!

と楽しみにしていたのに。


本当にやめたら、JRにはがっかりだ。


そんな怒りの中、

となりの記事には嬉しくなった。

県内の子ども達、

特にクロカンが盛んな県北の子ども達に、

夢と希望を与えてください!!

鈴木芙由子選手、ソチで頑張ってください!!!
page top
この日がついに来てしまった…あけぼの廃止
ここ数年間、ダイヤ改正発表の度にドキドキしていた。

一昨年の「寝台特別急行列車 日本海」の定期運行終了発表時には

呆然としてしまった。

その後、なんとか切符を予約して関西旅行するはずだったが、

年末の、冬の悪天候で中止に。

乗れないまま事実上廃止になってしまい、後悔ばかり。

その分あけぼのは乗れるだけ乗ろう、

と、わざわざ秋田まで車で行って、上京していた。

実際、寝台を使ってみると、上野で朝一から行動でき、

帰りもギリギリまで楽しめる、宿代はかからない、と

様々な利点がわかった。

一番は、わらしが(比較的)おとなしくしてくれること。

秋田駅のホームで待っている間に興奮して騒ぐ分、

乗車すると短時間で寝てくれる。

帰りも同じ。


先月は台風で帰りが負けボノになってしまい、

急遽こまち(E3系♪)を利用したが…

全く気の休まらない4時間だった

あけぼのの偉大さを思い知ったばかりだったのに、

まさかあれが最後の乗車になるとは

これから2年間くらいは家族全員で上京する予定はない。

覚悟はしていたが、残念だ。

もう一度乗りたかった。あけぼの。


つづきを表示
page top
やっと見れた!C61 20
初めて見ました、C61 20。

土日に試運転した時は不在、

その後の試運転も雨天のため、あきらめ、汽笛だけ聞いていました。


試乗会の今日は快晴!張り切って出かけました。

澄み渡る青空の下、漆黒のボディを見た瞬間、超感動

D51と違って、小柄な印象でしたが、

汽笛の大きさはC61の方が力強く聞こえました。

なによりも気になったのが客車。

…旧型客車?

いいな~。

横手行きの上りは、最後の一両、ほとんど乗客いませんでした。

だったら、おれの分も当ててけれで(涙)。


C61 20を長年手厚い管理をして、静態保存してくださった

伊勢崎市民の皆さん、ありがとうございます!!


ちなみに、前回大曲を走ったD51 498。

(2005年9月24, 25日:奥羽本線(秋田駅 - 湯沢駅)「SL奥羽号」 として)

必死になってプラチナチケットである乗車券を購入しました。

うちのわらし、乗車前は喜んでいたのに、いざ乗ったらすぐに飽き。

しかも、今ではまったく覚えておらず…


今回は横手止まりなのが残念です。湯沢市民にお気の毒です。

三連休の本番も晴れるといいですね。


つづきを表示
page top
今のうちにE3系に乗りましょう
この春から真っ赤なこまち、

E6系が走り始めました。

この色は新幹線では珍しいそうで、

鉄道好きな人達にも話題だそうです。


確かに、目を引く色なので、

運行本数が増えた今でも、大曲駅に停車していたり、

13号を走っている時にすれ違ったり、並走したり、

踏切で目の前を通過すると、心底ドテンします。


2度乗車しましたが、個室空間を演出する

ヘッドレストがでかすぎて、

座席間はE3系よりも広くなったにもかかわらず、

妙な圧迫感が…。

窓もちょっとね…。

(掲示されている広告がE3系と変わらないのには苦笑)


18年間も乗り続けていれば、E3系に愛着があるのも当然か。

E6系デビューの日、鉄ちゃんの友人から届いたメールが

「今のうちにE3系に乗っておけ!」

でした。


E3系は山形新幹線の「つばさ」になりますが、

この塗装で秋田を走るのは、

全てがE6系に置き換わる来年の3月まで。

あと8ヶ月間です。


そして、先週の土曜日、21日には試作車両である「R1」が

最後の走行をしました。


95年に製造されたR1は量産された後の車両とは顔つき(ネズミっぽい)や

夫曰く「男子トイレの向きが違う」など、R1にしかないところがあって

愛着がある人も多いんです。


我が家では残念ながら、秋田行きのR1を見るはずが

予想した時刻の運行ではなかったらしく見られませんでした。

秋田駅ではラストランのセレモニーが盛大に行われたようです。


初代こまち、E3系に乗れるのもあと8ヶ月。

私は秋田新幹線に乗る機会があるなら、E3系に乗りたいです。
つづきを表示
映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。