FC2ブログ
四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
最近の横手と大曲と
久しぶりに横手市役所の近くを通ったら、
かまくら作りの真っ最中でした。
近年はふるさと村でしかかまくらを見ることはなかったので、
久々の街中のかまくらに懐かしさを感じていました。
東京出身の夫は「すごい、すごい!!」と圧倒されていて、
まだ穴も開いていないのに、とても感動していました。
今年は暖冬なので例年よりも大きめに作っているそうです。
本番は来月(14日)15日~16日です。


平日でも相変わらずパチンコ屋は大賑わいでした。
新しい店にも無人サラ金店はちゃんと作られているのですね。

でもセリアの横は…空き店舗でしたね。パチンコ屋か何かだっと思うのですが。
モスの裏側とか空き店舗だらけになりそうですが、今後はどうなるのでしょうか。

旧「弁慶」が「かっぱ寿司」になっていました。
弁慶は一番好きな回転寿司店だったので、閉店したときはショックでした。
まさかかっぱになるとは。
大曲と神宮寺は空き店舗のままです。


さて我が町、大曲は…駅前のサラ金屋が続々と閉店していますね。
行き先はバイパス(13号線)のパチンコ屋の近くでしょうか。
もう十分に無人サラ金店はあると思うのですが。

イオンは平日でも相変わらずの満車状態。
どこから来てるんだろう?と思うくらいたくさんの車が停まっています。

昼間の駅周辺は、歩いているのは高校生がほとんど。
時々サンロードの一方通行を逆走する車を見かけます。
新しい道路が出来てからますます増えているような気がします。
一昔前まで、あの一通を逆走するなんて考えられませんでした。
それほどまでに通行量が減っているということでしょうか。

イーストモールさ行ったら、マクドナルドが無くなっていました!
結構繁盛していたように見えたのですが、
やはりイオンの方に絞った末の撤退でしょうか。
他のテナントが入る、と言う旨の掲示があったので、
どんな店が入るのかな。

大曲では最近「栄助」や宅配の「札幌海鮮丸」が値下げ・期間限定値下げ、
のチラシをうっていました。
「さこう」に「一丸」に「かっぱ」に「スシロー」に、と、寿司戦争ですね。

営業してるのか定休日なのかわからない店の前にどっかと積もったままの雪。
雪が降り積もると、閉店した店や廃業した企業、空き家がはっきりとわかり、
暗い気持ちになります。
雪は様々な現状を浮かび上がらせます。
page top
わらび座とゆぽぽのトンぷろプラン
先日のブログにも取り上げました通り、
来年度からわらび座が公演スタイルを変更します。

年間7作品上演へ劇団わらび座(読売新聞)

わらび座:スタイル一新 来年度、ロングラン見直し 多彩に7作品324公演 /秋田
(毎日新聞)

本当に楽しみです。

また、わらび座の本拠地であるたざわこ芸術村で、
美味しくお得な企画が期間限定で始まります。

ゆぽぽ温泉館恒例☆トンぷろプラン

内容:昼食(ばっきゃ)+温泉入浴+大広間での休憩
料金:1,575円(税込み)
期間:2/4(水)~3/3(火)
昼食は①ハーブ豚のシャブシャブ ②スタミナ豚鍋 ③焼肉トン豚丼 から一つを選びます。
昼食の値段だけで温泉に入れて、休憩も出来るんです!
(しかもこのプランだとデザートがつくことも)

小劇場で 「花舞台だよ、おっ母さんパートⅡ」を観てから食べて入るのも良し。
大広間で10時から16時までのんびり休むのも良し。
この冬、ゆぽぽでの休日はいかがでしょうか。
つづきを表示
page top
森吉山の樹氷
1月9日のブログで取り上げました「森吉山の樹氷鑑賞」。

秋田内陸線の「ホリデーフリーきっぷ」を持参すると、
樹氷鑑賞に便利な阿仁ゴンドラがタダに
という企画もあり、今年の休日はさぞかしたくさんの人が訪れている
と思いきや、意外にも観光客が少ないそうで。
魁で二回ほどそう報告した記事がありました。
やはり経済情勢が悪化した影響でしょうか。

しかし、先週末は「JR駅からハイキング【幻想の世界へ 森吉山の樹氷(モンスター)を体感】」
というツアーもあり、昨年から2年連続で参加した関東の若い女性が、
今年も感激したという内容のことを話していました。

なので、やはりこの樹氷っていうものは凄いらしい!


地方点描:誘客への第一歩[鷹巣支局](魁)


森吉山「アイスモンスター」見ごろ 10日から企画「樹氷観賞」(魁)


白い怪物 阿仁の樹氷みごろ(朝日新聞)


樹氷案内人 笑顔で再会/椿田恵理子(AAB)


テレビや新聞等で紹介されればされるほど、行きたくてたまらなくなっています。
ゴンドラで簡単に見に行けるのは、ラッキーなことだとわかりました。
せっかく建設したんだから、永く活用したいものです。
(初夏の高山植物も見に行きたい!!)
つづきを表示
映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG