FC2ブログ
四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
続・タカヤナギ
先日速報したタカヤナギの件、翌日3月28日の魁に詳しく載っていました。

「本県と岩手の4スーパーが資本統合へ 北東北で最大規模に」(

ネットでは一面に出た記事の一部しかありませんでしたが、
経済面には、この件の事情が詳しく掲載されていました。
要点を以下にまとめてみました。

イオン系が大仙市内にスーパー7店舗+ジャスコ、と
 タカヤナギの市内5店舗を既に上回る大攻勢

②(最近あまりパッとしない感のある)マックスバリュ飯田店
来月下旬、フードディスカウント店「ザ・ビック」にリニューアルオープンする。
そのためか、店長が異動になり、黒石店の店長が来たそうだ。

③同じCGCグループが協力し、切磋琢磨するのは成長するチャンス。

④仕入れ規模拡大は、原価削減やメーカーなどの仕入れ先への存在感の向上に結びつく。

「地産地消」や「商品の品質重視」というタカヤナギの特色は今後も維持する。

⑥社長である恭侑さんの息子と思われる専務が取材に対応。
次世代の若い人が後押しした、と思われる。素早い決断に拍手。


共同出資会社の名前は「ユナイト」だそうで。
…男鹿のジョイフルシティ、JCユナイトを思い出してしまった。
店名は存続させる方針だそうで、ちょっとホッとしてます。

地産地消と品質重視の姿勢は、後々良い結果を生むと信じています。
その上で、コスト減を価格に反映した安い商品も扱い、
幅広い品揃えで、たくさんのお客さんを呼び寄せたら、と願っています。

飯田のマックスバリュがディスカウント店に変わるそうですが、
近くのグランマート飯田よりも、「よねや」の方が影響ありそう、と私は思います。
あと「バザール」とか、ちょっと離れているけど「ビックフレック」とか。
そもそも飯田の辺りでイオン好きな住民は、西道路でジャスコに行ってるように思うんですが。

年1%の人口減なのに、スーパーだらけ…。
つづきを表示
page top
シアタープレイタウンでヤング@ハートを観た
20090330062415

数ヶ月前に「とくダネ!」の「週刊エンタ☆マイスター」で小倉さんが紹介していた
ヤング@ハート」を観に、秋田さ行きました。

アルヴェ内のルミエール秋田でやるかな、と思って調べたら
半年先まで上映予定がなく、
東京まで観に行くの!?シアタープレイタウンさん、お願い!
と春まで休館中だった秋田で唯一の単館系映画館に望みを託していました。

そして、先週待ちに待った開館。
例年通り、金曜日~日曜日の週末に1本ずつ、
大手では扱わない、小粒でもキラリと光る各国の作品を上映再開!
そして再開二作目の作品が念願だった「ヤング@ハート」だったんです。

ルミエールで観るときは普通列車を使うんですが、
シアタープレイタウンは駅から離れていて、
歩けないことはないんですが、時間がもったいない、
バスはどれくらいの間隔で運行しているのかわからない、で、車で行くことに。
駐車場はすぐ向かいにあるので、横断歩道まで歩けばいいだけで楽でした。
前売り券無しで当日券購入だったんですが、
そうすると駐車場代がほぼ無料だったのでお得感が。

20090330062413

エレベーターで上がると、懐かしい雰囲気の映画館。
(ドリームワールドって、同じ建物内だったんですね)

場内は昔ながらの椅子で、後ろの数列が最近の椅子でした。
前の方に座ったんですが、最新の映画館によく行く夫は懐かしさと少々の不満が。
私は映画館=月岡映画館なので、違和感無し。
お客さんの年齢は私達アラフォー(と言うそうですね)からシニア世代。
予想通り20代までの若者が居なくて残念。


映画は平均年齢80歳の米国コーラス隊「ヤング@ハート」の
年に一度の公演会までの二ヶ月間を取材したドキュメンタリー映画。
歌声は80とは思えないほど元気で艶があり、海外ツアーも行う程の腕前。
そんな彼らに密着取材したわけですが…。

小倉さんがイチ押しで取り上げたのがわかりました。
高齢者を年寄り扱いしちゃいけませんね。
ロックもお手のもので歌うんですが、年齢を重ねた分の歌声と歌詞が…心に響きました。
何度も「これってフィクション!?」と思うことがありました。
また本人顔負けのプロモーションビデオも格好良く、
まるでコンサートを観に行ったようでした。
元気をもらいました。

GWには上映日と上映本数を増やすそうですので、
また観に行きたいです。
帰りの車中では購入したCDをかけて聴き、
帰宅後はパンフレットを観て余韻に浸りました。

20090330062409

やっぱり映画館で観るっていいなぁ。
シアタープレイタウンさん、ありがとう!

シアタープレイタウンHP
つづきを表示
映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG