FC2ブログ
四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
大仙市ニコニコ商品券の販売開始
「大仙市ニコニコ商品券」の販売が始まりました。

今回はどこの店でどの券が使えるのか、

販売前日の折り込みチラシを見るまでわかりませんでした。

なので、なんぼ購入するかは直前まで計算できず、

どんけじぇんこおろしてこえばいいのが、困りました。


して、前日の13日土曜日。

折り込みチラシを開くと、使える店一覧。


あやすか、タカヤナギは全部大型店扱いだで!

ケーズデンキな、今回はかだってねど!?

一般店は…普段なんも使ってね~店、ばっかだ
(さすがに飲み会さ参加して、会費をこの券どご出すのはちょっと…)

大型店以外のよく行く店でも、回数券や図書カードを普段使っているから、割安感薄し。

しかも、今回は年度初めの物入りな時期も過ぎてて、あんまし買う物ね~。



前回は一人20万円の限度額いっぱいを購入したけど、

今回は…。


たまたま夫が街さ用あったので、

もしまだ売っていたら、ちょこっと買って、と頼みました。


販売場所の花火庵から帰宅した夫、

「全然余裕だった…大丈夫かな、今回は」と。




前回は販売前からの大行列!

ほぼ全員が限度額いっぱいだったから、

販売開始数時間で完売した。

それが今回は…。


前回と異なる点がいくつかあったので、忘備録として書いておく。

①面積で決める大型店の面積を厳しくし、中規模以上は全て大型店に。

②参加商店が減少。
新規に開業した店はともかく、前回参加した店でも、今回参加していない店が多かった。

③主催者側のやる気が感じられない。
1.大仙市商工会は早くから情報を掲載し、「大仙市商工会加盟店一覧」もアップして
頑張ろうとする気合いが伝わっていた。
2.メインであるはずの大曲商工会議所は、発行している「商工会議所News6月号」の中に
会員向けの情報があるだけで、消費者向けの情報は一切なし。
大曲商工会議所青年部も一切なし。
3.大仙市のHPも、商工会議所と同じで、広報の中の情報をPDFとして見れるだけ。
4.ネットにかかるのは、取扱い会員の方の「当店では大仙市ニコニコ商品券使えますよ!」
というやる気のある商店主のブログだけ。

④詳細が前日の新聞折り込みチラシまでわからなかった。
普段行く店がどれくらいあるのかもわからないでは買えない。
前回のように、だいぶ前に広報に折り込む方法ではないので、
新聞を購読していない市民(特に若者世帯)は不明なまま…。

お得な1割分は、税金も投入されているのに、これでいいのか!?

以上。


なによりもわかったのは、我が家はもう大型店でしか買い物をしていない、ということ。

リアル店舗では、の話。

あれだけ抵抗のあったネット通販も、今じゃ普通に利用しちゃっているし…。

がんばっている商店の方には申し訳ない。

でもこれが現実か。


つづきを表示
映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG