四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
秋田市の新複合施設について
秋田県と秋田市で、共同で文化施設を新築しようという話。

結局、県立会館をほごして、そこさ作るという流れになりそうですが。

私もかねてより、県立会館を新しくして!と要望しておりました。

県外や海外のアーティスト(歌い手さん)達が満足できるハコを!

県内外から集客するために、市街地に新設を!!と。

市立と一緒になるとは思いもしませんでしたが、良かったです。

郊外に作ったら、足の無い人達、特に県外客が困る、お金が落ちない、

ので、無料駐車場よりも、交通機関の発達している中心部に!と思っていて。

そもそもそこさ集まる人達は駐車場代なんぞ重視していないでしょ。

本当に観たい、聴きたい、ならね。

先日久々にBB以外で秋田を巡ったら、

ワシントンホテル(現イーホテル)目の前の広大な駐車場や

そこさ行く手前の空き地がそのままで、

もう何年も変わらねのがよ!?とドテンしました。

そっからなら歩いても県立会館のある千秋公園へは遠くないです。

実際、竿燈の時にわらしと踏破しました。

わらしでも歩けるんだがら、元気な大人はそこさ車置いて、料金払って歩け~。

歩けばいろんた物見えでおもしぇど~~。


それよりも、

旧県立美術館、建物を存続させる方針に憤慨!

先月初めて新しい県立美術館さ行きました。

で、藤田画伯の巨大な絵と久しぶりに再会したのですが…

あの時の感動がない、全くない!!


前の美術館は古いけど趣があり、

玄関から入り、ほの暗いところから見上げたあの感動!

ああ、これが秋田だ~!

あれが全くねーの。

建物が現代的できらびやか過ぎて、絵とあわない。

他の所蔵昨も縮こまった感じ。

正直ガッカリ。

唯一いがったのは、絵の解説が前よりも見やすく充実したとこだけか。

こんたハコ作るために、なんぼかけだのよ!?

そして、リニューアルしたナカイチさも足を運び…

うーむ、なんか狭っ苦しい。

前よりは手に取りたい品は増えたが。

よっぽどなことがねーかぎり、ナカイチ全体さは用ねえな。

でも、全国的に苦戦が報じられてしまった、タニタ食堂さは一度行きでーもんだが。

したっけ、旧県立美術館はそのままま活用って、

言ってることとやってることが違いすぎねが!?

ボッコだがら新しく建てるって話だっけねん(怒)。

したら、元さ戻してけれ。

そのじぇんこで、八橋球技場を改修してほしがった(泣)。


あ、でもミュージカル「政吉とフジタ」は観に行かねばな!

旧県立美術館、活用に多額の改修費 市存続方針に歓迎と懸念の声

 活用策が決まっていなかった旧県立美術館(秋田市千秋明徳町)について穂積志秋田市長は1日、建物を存続させる方針を示した。関係者からは歓迎の声が上がる一方、利活用には多額の耐震改修費が必要となることから懸念の声も聞かれる。存廃をめぐり多様な議論が繰り広げられたこともあり、施設を所有する県や今後の活用方針を示した市には丁寧な説明が求められている。

 「長い間の検討課題だったが、周辺を芸術文化ゾーンとして整備したい」。同日の会見で穂積市長が狙いを語った。何年もの間、結論が出なかった利活用策に一定の方向性が示されたのは、隣接する県民会館の場所に県と市が共同で新複合文化施設を建設する方針を決めたことが大きなきっかけとなった。

 市の方針決定に、県芸術文化協会の青木隆吉会長は「市民の文化活動の場として利用し、周辺の文化施設と合わせて県の文化芸術の振興につなげたい」と喜ぶ。秋田公立美術大の霜鳥秋則学長は「四年制化で学生が増えており、作品発表の場が確保できるのはうれしい。市中心部に若者が集まることで活性化にもつながるのでは」と期待する。

 ただ、県が昨年12月にまとめた試算によると、旧美術館を利活用する場合、使途によって最大11億4500万円の改修費が掛かる。解体費用は約1億6千万円。使途の変更や建設時期によってはさらに膨らむ可能性もある。

(魁 2015/09/02 16:43 更新)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。