四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今日の魁を読んで 経済面と折り込みチラシ
早朝、ボーッとして魁を見た瞬間、目が覚めた。

スーパーランドヤマト、来春撤退 秋田市大町

ええーー!?やっぱりダメだったか~。
前のマックスバリュが撤退表明した頃から注視していたが、
やはり経営的に厳しかったんですね。

さらに

能代市の縫製工場が閉鎖へ 従業員53人全員解雇

には絶句。工場自体が閉鎖って。しかも珍しく53人中、50人が正規雇用。
突然のことに、従業員の皆さんの胸の内を思うと…。
どこか引き継いでくれる会社はないのでしょうか?
またメイドインジャパンの衣料品が減るんですね。

先日の魁の県南版には、横手駅前の再開発事業のメインである、
入居するスーパーが未だに全然決まっていない
そうで。
タカヤナギが婦気のを閉じて入居したら?って思うんですが。


今日の折り込みチラシは相変わらずイオン系ばかりが目立ちましたが、
一枚だけ嬉しいチラシが。
それは「お菓子のくろまる大曲店 オープンセール」。
ジョイフルシティヤマサの地下で営業していたくろまるが、本日10時に
ファッションタウン フジタの店内に移転、オープンしたそうです。

ファッションタウン フジタ(藤田呉服店)には秋に新店舗ができた「シューズコバヤシ」が
仮入居していたので、そのスペースでしょうか。
これで花火通り商店街周辺にくらた、花咲、鈴屋、くろまる、の菓子販売四店舗が揃いました。
ジョイフルシティヤマサの1階で営業していた「花の店 清花」も
すぐ隣(バスターミナルの向かい、ミシン屋だったところ)に移転営業したし、
近隣で営業してくれているのは嬉しいなぁ。
ちなみに、某巨大店連合トップの岡田さんは、和菓子と生花だけはできない、
と言っているそうですね。季節ものは苦手だそうで。
偶然にもこの業種の二店が、市街地で営業継続とは、やはりそういうことなのでしょうか。


「お菓子のくろまる 大曲店」は本日から四日間、オープンセールを開催とのこと。
(お得なセットやロールケーキ、抽選会など)
15日(月)までに大曲へお越しの際は、ぜひどうぞ!

スーパーランドヤマト、来春撤退 秋田市大町

秋田市大町の秋田ニューシティの核テナントであるスーパー「スーパーランドヤマト大町」が、来春までに撤退することが11日、分かった。ヤマトは「来年11月にビル管理会社とのテナント契約が切れるが、その先の更改が不透明。結論を待っていては遅いと考えた」としている。
ヤマトは同ビル地下で営業していた「マックスバリュ大町店」の撤退を受け、後継テナントとして2005年10月に開店。スーパーでは食品と日用雑貨を取り扱っているほか、書店とファストフード店を経営している。
ヤマトの茂木一仁社長は「オープン当初から赤字経営が続いたことも撤退の一因。昨年6月から意思は示しており、一度は賃料変更の話もあったが、まとまらなかった。ほかのテナントへの影響も心配だが、苦渋の決断をせざるを得なかった」と話す。営業は継続する方針で、現在移転先を検討中。ヤマトの撤退で同ビルのテナントは34施設となる。ビル内には市中央公民館なども入居している。
(2008/12/12 09:00 更新)

能代市の縫製工場が閉鎖へ 従業員53人全員解雇

能代市二ツ井町の「あつみファッション秋田工場」(菊池正幸工場長)が来年1月10日で閉鎖され、従業員53人全員が解雇されることが11日分かった。市は緊急雇用支援対策庁内連絡会議を16日に設置し、情報収集や離職者への支援策を検討することにした。
同日の市議会環境産業常任委員会で市が報告した。主に女性用下着の委託加工を行っている縫製工場で、1970年にカネボウエレガンスの秋田工場として操業開始し、2004年12月から、あつみファッション(本社富山県氷見市)が引き継いだ。
同社の日名田(ひなた)美幸社長が今月6日に秋田工場を訪れ、工場閉鎖と正社員50人、パート3人の解雇を通告した。
(2008/12/12 09:11 更新)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。