四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
スギッチに年賀状♪
一昨日のヤフーのトップページに、秋田の、しかも良いニュースが!

このニュースを見た夫、
「ヤフーのトップがスギッチだよ!
うちも年賀状出せばよかったな~。
ひこにゃんにはかなわないけど、やっぱりスギッチは日本一のゆるキャラだねkao03
…夫よ、興奮しすぎて、なんのことだか、さっぱりだど。

それがこちら↓

秋田県庁主任「スギッチ」に初めての年賀状-福島から1通届く(秋田経済新聞)

スギッチに初の年賀状 差出人は謎の「赤べこ」(秋田魁新報)

スギッチ:郷土マスコットの先輩「あかべこ」から年賀状 スギッチ主任大喜び(毎日新聞秋田版)

スギッチに年賀状届く(読売新聞秋田版)

スギッチに初めての年賀状♪(県職員ブログ「秋田で元気に!」)

今朝の魁の紙面さもやっと載りました。
福島の人(あかべこ?)、いい人(牛?)だなや~。

初めてスギッチを見た5年前、
「何これ!?こんたのさ力入れる前にやるごど山ほどあるべ!」
と思ったのですが、見慣れてきたら可愛く感じ、
国体の前にはすっかり家族で大ファンにハート
今でもスギッチを見ると「スギッチ~はーと」です。めんこいど、スギッチ!

今年の年末覚えていたら、うちもスギッチさ出すべ。

秋田県庁主任「スギッチ」に初めての年賀状-福島から1通届く
1232266625_photo.jpg1232266768_b.jpg

昨年12月に「主任」に昇任した秋田県職員「スギッチ」に、初めての年賀状が届いていたことがわかった。
スギッチは、2007年に開催された「秋田わか杉国体・大会」のマスコット。2006年にテレビ東京「TVチャンピオン・ゆるキャラ日本一決定戦」で「ゆるキャラ日本一」に認定されたことなどをきっかけに人気が高まった秋田発の「ゆるキャラ」。
2007年11月、「秋田県と県政の広報活動を行うこと」と「県民の元気を応援すること」の2点(知事公室情報公開センター)を任務に寺田典城秋田県知事から県職員としての身分証が交付され、県の広報向けマスコットに転身した。昨年12月には、わずか1年で「主任」に昇任する異例の出世を果たしたばかり。1月6日・7日の仕事始めでは、秋田市の児童会館を回りながら「秋田県クイズ」で子どもたちとコミュニケーションを取るなど、精力的に活動する。
届いた年賀状は1通で、「福島」の消印が押されている。知事公室情報公開センターの担当者は「人気キャラの『ひこにゃん』には数百通の年賀状が届くと聞くが、スギッチも初めて年賀状をもらって感激している。宛名が書いてなかったので、県庁職員のブログでお返事をした」と話す。


スギッチに初の年賀状 差出人は謎の「赤べこ」
20090120g12.jpg
「明けましておめでとうございます。本年も大いにご活躍ください」―県のマスコットで主任のスギッチに、初の年賀状=写真=が届いた。ただ、差出人は不明で、ちょっとした「謎」として職員の話題になっている。
14日に県庁に届いた。裏面には福島県会津地方の郷土玩具「赤べこ」が描かれている。12日付で「福島矢吹」(矢吹町)の消印。スギッチは、同町と縁もゆかりもない。「スギッチとの関係で特別に思い当たる節はないのだが…」と同町役場職員。
スギッチは「赤べこさんもよい年をお過ごしくださいね」と、県が昨秋立ち上げたブログ「秋田で元気に!」で謝辞。謎の「赤べこ」さんに返信できず、モウしわけないと思っているとか―。
(2009/01/20 11:47 更新)


スギッチ:郷土マスコットの先輩「あかべこ」から年賀状 スギッチ主任大喜び 
12月に主任に昇格したばかりのマスコット県職員スギッチに、今年初めて年賀はがきが1通届いた。福島県の消印で「あかべこ」と書かれており、“郷土マスコット”の先輩からのエールに大喜びしている。
スギッチが在籍する県情報公開センターによると、はがきは14日着。「本年も大いにご活躍下さい」とのメッセージの下に、イラストとともに「会津 あかべこ」と書かれていた。消印は12日で福島・矢吹。送り主の住所がなく、スギッチは県職員のブログに「初めてのおたより!とってもうれしいです。あかべこさんも、よいお年をお過ごし下さいね」と掲載した。
秋田の魅力を全国にPRするのが仕事のスギッチにとって、福島県会津地方の郷土玩具として広く知られるあかべこはご当地キャラの大御所。県内外への出張続きで席に戻る間もない本人に代わり、同僚は「心強いエール。スギッチ主任も息長く活躍できるようがんばります」と話していた。【百武信幸】
毎日新聞 2009年1月20日 地方版


スギッチに年賀状届く
20090120-827705-1-L.jpg
「明けましておめでとうございます。本年も大いに御活躍下さい」――。県のマスコットで、PR担当職員の主任に昇格した「スギッチ」に14日、初めて年賀状が届いた。
年賀状を喜ぶスギッチ
スギッチが所属する県情報公開センターによると、年賀状に差出人の名前などはなく、消印に福島とあるだけだという。
年賀状には、うし年にちなんでか、福島県会津地方の郷土玩具「赤べこ」が描かれ、新年のあいさつが書かれている。
差出人が不明のため、スギッチは、県職員ブログに「初めてのお便り、うれしいです。あかべこさんもよいお年を」と返事を書いたという。
スギッチは福島県へ出張したことはないが、同センターの担当者は「全国を飛び回っており、知名度が上がった結果ではないか。スギッチにもいい励みになったと思う」と話している。
同じく県職員に今月採用されたばかりのマスコット「森っち」には、残念ながら年賀状は届いていない。
(2009年1月21日 読売新聞)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。