四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
1/23 秋田魁新報を読んで
20090124015417
「定住自立圏構想「先行団体に由利本荘市」」
いいなぁ本荘。
でも県内で最も適宜なのはやっぱり本荘かもな。

「救急車、道に迷う」
またもや約二年前と同じ由利本荘市。
そんなに道が難解なのか、由利本荘市は。

「「漢検」が15億円利益」
財団法人なのに、すんごい利益上げてるねぇ。
儲かるんだ、資格試験って。
検定料安くしたらいいのに。

「自転車利用しやすい街目指す 市に提言書」
秋田市は冬でも積もること少ないから、
もっと自転車の利用率を高めてもいいかも。
自転車を危険な存在にしないような街は理想的。

「旧秋田市街地の文学スポット巡る地図」
面白そうなマップ!
郷土の文学と歴史が歩いて学べる。
大曲や横手でも作られないかなぁ。

「大仙市 幹線道路に積雪なし」
去年より50cmも少ない23cm。
道路の雪寄せも11回と去年の半分=超楽!
でもこれからが雪は本番。まだ春じゃない、油断は禁物。

「注目集める姨捨駅」
18きっぷで長野へ向かう時、
スイッチバックしたら姨捨まで来た、と思い、
車窓から一望できる夜景を見るのが楽しみだった。
駅舎がこんなに素敵だとは知らず、途中下車しなかったことを後悔。

「子育て一歩いっぽ」
子育て中の私にはとても励みになる連載だった。
同じ県内の同年代のお母さん達も、
自分と同じように悩みながら子育てしてるんだ、と。
またこういう育児の記事を企画してほしい。

「DVD おいしいコーヒーの真実」
コーヒー産業に関する出版物を読んだことはあるが、
映像は衝撃だろうな。是非見たい。

「秋田ブランチ会コラム」
秋田石油備蓄男鹿事業所の所長のコラム面白い。
このコラムには県外から来た人の
秋田の感想や指摘が率直に書かれているので、毎回楽しみ。

「横手の「梅の花」長期休業へ」
やっぱりか。従業員募集やオープンのチラシを見て、
秋田でというか、横手でやっていけるのかな、と不安があった。
予想通り、開店以来ずっと経営的に厳しかったそうで、
10ヶ月しかもたなかった。地元採用の30人は解雇。
買い取った「山田屋」で将来再開できればいいけど。

アキタオオイ、清算手続きへ 自動車部品製造
残念。悲しい。

「骨伝導を採用し 聴力補助機“好聴フォン”開発」
秋田市のWECOM研究所。
昔から補聴器の難点は言われているが、
この好聴フォンなら従来型の弱点を克服した上に
取り扱いが楽で耳の皮膚にも優しいし、なんと言っても音が明瞭、だそうだ。
さらにPHS機能も搭載し、緊急時に対応。
すごい製品だ!これなら日本はもちろん、世界でも通用する!!
類似製品出ないように特許取ったかな?
秋田発世界行きの製品が誕生したのが嬉しいなぁ。
こういう記事を読むと、新聞取っていて良かったと思う。


アキタオオイ、清算手続きへ 自動車部品製造
自動車部品製造の「アキタオオイ」(湯沢市岩崎、高原勝郎社長)は22日、今年5月末までに操業を停止し、会社の清算手続きに入ると発表した。自動車メーカーの相次ぐ減産により受注が大幅に減少、親会社の大井製作所(横浜市)が事業の再編と効率化を図る一環として、本県からの撤退を決めた。
従業員103人のうち、正社員68人については希望に応じ、大井製作所での雇用や再就職の支援を行う。非正規雇用の35人は5月末までに雇い止め、あるいは解雇となる。
大井製作所によると、20日にアキタオオイの全従業員に対し、工場の閉鎖と会社の清算について説明した。事業は福島など他の生産拠点に移管する予定。
アキタオオイは1990年、県と湯沢市の誘致企業として湯沢工業団地に進出。日産自動車を主な取引先として、ドアロックをはじめとする自動車部品を製造してきた。
(2009/01/23 09:18 更新)

コメント

管理人にのみ表示

>「定住自立圏構想「先行団体に由利本荘市」」 いいなぁ本荘。

たぶん、訳の分からない箱ものと管理団体を作って、天下り先を確保するということで終わり、末端の市民にはなんら恩恵がないことかと思っています。

これまで霞ヶ関の役人が考えて秋田県に行った事業で、秋田にとって良かったと思うものはないのかなとも・・・

田沢湖は酸性水で市の湖に、八郎湖は埋め立てられ自然を失い、不要なダムもあちらこちらに、山の半分はスギの人工林に無理やり変えられブナの森が台無しに・・・

秋田は役人の事業に振り回されたため発展できずに衰退の道を歩んでいるのかとも考えています。
arube | URL | 2009/01/24/Sat 18:07 [EDIT]
パルオンさん、はじめまして。

ブログを興味深く読ませていただいています。

今のところ県外在住で魁本紙は見られないのですが、

>「自転車利用しやすい街目指す 市に提言書」
こちらの関係でしょうか。
http://s-arrowakita.blogspot.com/2009/01/blog-post_21.html

記事と直接関係はありませんが、「大曲に住み始めて二十年」
http://www.changetheakita.org/blog/?p=30
(このサイトはブログのようなブログでないような。。。)
skmg | URL | 2009/01/25/Sun 23:25 [EDIT]
arubeさん
実態はそうなんですか…。
どこの新聞でも記事が小さかったので、額面通りに受け取っていました。
官僚&公務員の天下り、腐敗がこの国を滅ぼしつつあると思っています。
昔の日本は、国益を最優先に考えた優秀な官僚がいたので、
政治家が頼りなくとも発展できたのですが、今は…。
せめて秋田だけでも、お役人に振り回されない、自立した県でありたいですね。
パルオン | URL | 2009/01/26/Mon 13:47 [EDIT]
skmgさん
こちらこそ、初めまして。
当ブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。

そうです、アロー秋田の方を始め、秋大の先生などがメンバーのようです。
http://www.city.akita.akita.jp/city/ur/im/keikaku/10bike/konndannkai.htm

秋田民報の新年号にも同様の記事がありましたね。
↑を読んで、「んだ、大曲は新興の町だった」と思い出しました。
私が小学生の頃、年配の先生方はよく大曲の成り立ちを教えてくれました。
「横手と六郷(だったと思う)が駅作るどってケンカしたがら、
裏の石碑にある榊田清兵衛さんが大曲さ駅どご作って発展した、
大曲は新しい町だんだ」と。
(榊田清兵衛さんについては榊田清兵衛資料館 http://park.geocities.jp/keiun12/index.html を参照)
つまりは大曲は歴史の浅い、新興(成り上がり?)の町なんです。
なので、…昔に戻っていくのかな、と考えると気が楽になりますね(苦笑)。
情けないことですが、仙北印刷所の佐藤さんがおっしゃる通りですよ。
パルオン | URL | 2009/01/26/Mon 14:15 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。