四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
わらび座とゆぽぽのトンぷろプラン
先日のブログにも取り上げました通り、
来年度からわらび座が公演スタイルを変更します。

年間7作品上演へ劇団わらび座(読売新聞)

わらび座:スタイル一新 来年度、ロングラン見直し 多彩に7作品324公演 /秋田
(毎日新聞)

本当に楽しみです。

また、わらび座の本拠地であるたざわこ芸術村で、
美味しくお得な企画が期間限定で始まります。

ゆぽぽ温泉館恒例☆トンぷろプラン

内容:昼食(ばっきゃ)+温泉入浴+大広間での休憩
料金:1,575円(税込み)
期間:2/4(水)~3/3(火)
昼食は①ハーブ豚のシャブシャブ ②スタミナ豚鍋 ③焼肉トン豚丼 から一つを選びます。
昼食の値段だけで温泉に入れて、休憩も出来るんです!
(しかもこのプランだとデザートがつくことも)

小劇場で 「花舞台だよ、おっ母さんパートⅡ」を観てから食べて入るのも良し。
大広間で10時から16時までのんびり休むのも良し。
この冬、ゆぽぽでの休日はいかがでしょうか。


年間7作品上演へ劇団わらび座
20090123-863299-1-L.jpg
劇団わらび座(仙北市)は22日、2009年度から、1年間を通して複数のミュージカルを上演する「レパートリーシステム」を導入すると発表した。4月から来年3月までに計7本のミュージカルを上演する。これまで、1年間のメーン公演以外に作品を2本ほど短期間上演することはあったが、年間を通して、複数の作品を数か月間上演するのは初めて。
09年度に上演するのは、レパートリーシステム第1弾となる「坊ちゃん!」(4月11日~7月29日)や、「龍馬!」(8月1日~8月16日)、「舞子の蔵」(8月21日~来年1月3日)など7作品。
22日には、出演する俳優らが秋田市内のホテルで記者会見。「坊ちゃん!」のマドンナ役・椿千代さんが「伊予弁のゆったりとした響きを楽しんでもらいたい」と意気込みを語った。わらび劇場の菊池冴支配人は「世間は不況で暗い話題が多いが、舞台を通して夢や希望を届けたい」と話した。
わらび劇場は、購入時から1年間、どの作品でも観ることができる年間パスポートを2万7000円で販売している。問い合わせは同劇場(0187・44・3915)。
(2009年1月23日 読売新聞)


わらび座:スタイル一新 来年度、ロングラン見直し 多彩に7作品324公演 /秋田
◇地域活性化にも期待
仙北市を拠点に全国の伝統芸能、文化をモチーフにした作品などに取り組む劇団「わらび座」は22日、従来のロングラン公演を見直して1年間に多彩な作品を上演する「レパートリーシステム」を4月から実施すると発表した。わらび劇場(仙北市)の菊池冴支配人は「たくさんのお客様に足を運んでもらい、地域活性化に寄与できたら」と期待を込める。【馬場直子】
わらび座によると、4月から10年3月にわらび劇場と隣接する小劇場で7作品324公演を予定。大正末期の県内の酒蔵をテーマにした新作ミュージカルの「舞子の蔵」や、ジェームス三木脚本・演出の「龍馬!」など多様な作品が楽しめる。
95年以降、半年から1年間にわたり同じ作品の上演を続けるロングラン公演を取り入れていた。だが観客から「もっと多くの作品を見たい」との要望があったことや、集客力の向上も狙って新制度の導入を決めた。
ファンに何度も足を運んでもらう効果が期待できる半面、演目数が大幅に増える俳優陣の負担は大きくなりセット入れ替えなどの経費もかさむ。
それでも菊池支配人は「地方にこういった劇場があるのは奇跡だと言われたことがある。わらび座はこれまでも挑戦だった。不況で苦しい時こそ挑んでいきたい」と話す。
22日には、秋田市のホテルで俳優らによる記者会見も行われた。新制度の導入後に上演する7作品のうち5作品の出演者8人が衣装を身にまとい顔をそろえた。
新しいシステムで最初の公演を飾るのはミュージカル「坊っちゃん!」。わらび座と愛媛県の地元企業が共同で建てた坊っちゃん劇場(同県東温市)を中心に上演していたため、仙北市のわらび劇場では初となる。
マドンナ役の椿千代さんは「人気のある作品がやっと秋田に来ます。ゆったりとした伊予弁を楽しんほしい」と話した。
またわらび座は1枚のチケットで4月からのわらび劇場の3作品を見られる「IPPEN TICKET」を販売している。1枚7350円で先着500人。問い合わせは予約センター(0187・44・3939)。
毎日新聞 2009年1月23日 地方版

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。