四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
イーストモールで稲庭らーめん購入!
前回のタカヤナギのチラシに、
「予告、イーストモールにて、11日・12日に湯沢のうまいもの祭り~試食販売開催」
とありました。

(有)佐藤養悦本舗の、国産小麦の稲庭うどんも書いてあったので、
もしかしたら、「稲庭らーめん」も売っているかなぁ、と思って行きました。

入ってすぐの所で開催していて、北海道産小麦100%の稲庭うどんがずらり
いつもよりもたくさんの種類を取り揃えていました。
稲庭生拉麺を開発するにあたり、
主力としてテレビで紹介されていたうちの一人と思われる
(有)佐藤養悦本舗の若い職人さんが居ました。
ドキドキしながら「稲庭らーめんありますか?」と聞いたら、「こちらです」と。
あった!!
生らーめんだから要冷蔵=普段タカヤナギでも扱っていない、幻の稲庭生拉麺
20090412070639
探し求めていたものが目の前にあると興奮しますね(笑)。

若い職人さんに「ずっと欲しかったの、ありがとう!」と言うと、
「こちらで試食できますので…」と教えてくれました。
正面にあった試食は、てっきり稲庭うどんかと思っていて、スルーしたら、
それが稲庭らーめんだったとは。味噌味の方でしたが、
製麺機で作った麺と全然違う、手打ち麺ともまた違った、
味噌スープがよく絡んだ、もっちりとしたコシのある麺でしたグー!うめえ!

隣のお店で美味しいこぶ巻きや、柔らかい棒ダラを試食して
保存料や着色料、化学調味料を使っていない等の話を聞いていたら、
ニシンの姿煮も勧められました。なんと、「百寿の醤油」を使っている!


ちょうど一年前に横手のふるさと村で開催された「発酵サミット」で、
百寿の醤油を使ったプリンを知りました。
「百寿の醤油って?」と初めて知った商品名に興味が涌き、
その後テレビなどで百寿の醤油は、湯沢にある(有)石孫本店
製造している昔ながらの醤油だと紹介されていました。
我が家では、国産原料を使用した福寿の醤油を
ヤマサやタカヤナギで買っているんですが、
県南にも国産の大豆、小麦、塩だけでじっくり作っているメーカーがあるんだ
と感心しました。
この辺りではよねやでしか取り扱っていない百寿の醤油と
渡辺食品工業の極旨豆腐「うめえべぇ」
だけを買うためによねやさ行ってます。

長くなりましたが、百寿の醤油と昆布で煮たニシンの姿煮。
「ニシンそばもできますよ」と言われ買ったんですが、
養悦さんのうどんに乗せて「ニシン稲庭うどん」も美味しそうじゃないですか!
安心・安全な原料を使った二品のコラボレーション、やってみるべ♪


他にも、がっこや加工食品、川連漆器などが販売され、湯沢の特産品市のようでした。
見て回っていたら、若い職人さんが出てきて
「あの…稲庭うどん、茹でたてが出来たんで…」と試食コーナーを示しました。
わざわざ教えに来てくれたんだ、と感動。
とってもシャイな青年は、秋田らしい男の子。めんこいなぁはーと
特製の無添加つゆでいただいた養悦の稲庭うどん。んめなぁグー
茹でてきた男性にどの商品か聞くと「これです」と短めのを示し、
「あと、こちらは今回限りのお得なうどんです」と大きな袋を紹介してくれました。
なんだ、かんざしならいつもここで買ってるや、と思ったら、
「いつも置いてあるかんざしではありません!」
…確かにUじゃない、直線の だ!端っこの細い部分を集めたものでした。
かんざしだと茹で上げるタイミングに悩むことが多いんですが、
これなら袋から取り出しやすく、茹でるのも楽だ。
750gも入って525円。自宅で食べるならこれで十分。

稲庭生拉麺は買いに行く手間暇or送料500円分、儲かったなぁにっこり
らーめん二箱、うどん二袋、ニシン煮、男鹿の塩三種類、男鹿の塩の海苔。
早速商品券を使いました。ポイントも付く上に、スタンプも…得々だなぁ♪

今日は日曜日。稲庭生拉麺で美味しい休日だ!

湯沢のうまいもの試食販売会は、イーストモールにて今日の5時頃までの開催です。

(有)佐藤養悦本舗のHP(ブログも始めたそうです)

稲庭生拉麺(生ラーメン)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG