四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昨夜のWBSの特集「海の道が拓く 中国 未開の地」を見て
昨夜のWBSで、日本海からロシア→中国への新たな物流のルートを特集していました。
(動画無いようです、残念)

旧満州だった地域は、内陸部で、
雇用の確保が安定し、日本語を話せる人も多いということで、
日本企業が沿岸部からシフトしてきているそうです。

しかし、黄海経由だと時間かかかり、
日本海直送だと時間は短縮できるが、韓国や北朝鮮、ロシアを経由する必要がある、
ということで、簡単な話ではなかったそうです。

交渉の末、ロシアで陸揚げしても関税がかからないようにし、
70km離れた中国へ輸送できるよう、新海路が就航したそうです。

とても興味深い話でしたが、では輸出する港は…まさか秋田港!?
とドキドキしていましたが、
やっぱり新潟港でした。


秋田港のシーアンドレール計画はなんとなってるのよ!?

秋田臨海鉄道使えば、陸送使わずに鉄道→船、と直でできる
新潟にはできない技はなんとしたー!?

これからは中国なしでは日本はやっていけないでしょう。
生産工場としての中国ではなく、
市場として中国人に購入していただく、という視点が欠かせません。

新潟よりも良い点をもっと声高に、
県をあげて「シー&レール構想」を現実化すれば、
我が秋田にもまだチャンスがあります。
のんびり国に予算請求するのもいいけど、
どんどん調査して一日も早く実現してほしいです。

前に行ったセリオンの展望台からの眺めは、
私には今後の秋田の希望のように見えました。

コメント

管理人にのみ表示

こんばんは

新潟、秋田他、日本海側の都市はみんな同じ考えで、限られた荷物の奪い合いですから、規模が少しでも大きい方が勝のかなあと・・・

所詮行政のやること、どこまで本気なのかは?です。調査費という名目の利権が行使できればそれで良いのかもしれません。
近い将来中国は食料品の輸入を大量に行う時が来ます。そのチャンスに向けて秋田の生産物を買ってもらえるルートの確保を行っておくべきなのですがねえ。
arube | URL | 2009/07/16/Thu 20:15 [EDIT]
arubeさん
おばんです☆コメントありがとうございます!

そうなんですよね~。新潟だけでなく、
アジア全体の海路での玄関口となっている博多や、
人の移動も多い山口、福井など、パイの奪い合いですよね。

既に大豆に関しては中国は輸入国となっていたのを
先日のWBSで知ってショックでした。

社会科の授業で、今は中国から大豆も輸入している
(当時は日本にとって米国に次ぐ2番目の輸入元でした)けど、
これからはあらゆる食料の輸入国になる、と先生が解説していましたが、
まさか本当にそうなるとは。
それより驚いているのは、中国の富裕層相手の商売関係。
こんな日が来るとは思いもしませんでした。

秋田の農産物に付加価値をつけまくって、
中国の富裕層相手に高く買ってもらいましょう。
そのためにも『秋田』の商標登録を急がないと。
パルオン | URL | 2009/07/16/Thu 20:33 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。