四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
やっぱりね…秋田県サッカー、一本化図れず
今日の魁を開いて、いきなりガッカリしました。

Jリーグ参入目指しNPO法人設立へ 母体は「カンビアーレ」

TDKの新チームの下部チームがカンビアーレって話じゃなかったっけ!?

やっぱり、秋田県のサッカー協会はダメだぁおちこみ

我が家が仁賀保に行き始めてから、
坂道を転がり落ちるように連敗のTDK。
前回のホームゲームでやっとこさ勝ちましたが、
前節は惜しくもびわこに負けてしまいました。

次のホームゲームは行く予定でしたが、
開催日変更で行けなくなってしまいました。
(…って夫が言っていたんだけど、どごさも書いてねどー!?)
次行けるのは10月かな。


bjリーグに新規参入する秋田のチーム名公募は900通以上集まっているそうです。


対して、秋田初のサッカーのクラブチーム名には…46通!?

あり得ない…このまんまじゃやってけねべ。

そう思ってらった時の、カンビアーレNPO法人化。

ただでさえ少ない秋田のサッカー人口を二分してなんとす!?

秋田さサッカーのクラブチームが、と感慨深かったんですが、
共倒れも懸念されます。
なして秋田県サッカー協会は…無能だ。





出資者向けに説明会 TDKSCクラブ化

 来季からTDKサッカー部(TDKSC、本拠地にかほ市)がクラブチームとして活動するための運営会社の設立準備を進めている「TDKSCクラブ化実行委員会」(代表・川口房男県サッカー協会会長)は21日、秋田市山王の平安閣で運営会社への出資者説明会を開いた。出資の申し込みは今月末まで。実行委は来月中に運営会社を立ち上げる計画だ。

 説明会には実行委の呼び掛けに賛同した県内の26企業、4自治体(県、秋田市、由利本荘市、にかほ市)、2団体、21個人が出席。川口代表が、TDKSCの新チームへの移行を協議する日本フットボールリーグ(JFL)の臨時評議員会が30日に開かれることを報告。「運営会社の事業計画などを先日JFL側に説明してきたが、好感触を得た。臨時評議員会でクラブチームへの移行が承認されると思う。運営会社を立ち上げるため、皆さんの協力をお願いしたい」と述べた。

 引き続き、実行委が運営会社の事業計画などを説明。それによると、今年と来年は赤字経営だが、3年目の2011年から黒字に転換する見込み。運営会社代表には、前秋田商高校長の外山純氏が就任する予定。出資の申し込みは1株2万円。5千株を発行し、資本金1億円を目指す。

 計画では、運営会社を8月中に設立し、来年1月にはJリーグ参入に必要な準加盟申請を行う。JFLに参戦しつつ、12年シーズンからのJリーグ参入を目指す。実行委は「運営会社設立後は、チームの運営を統括するゼネラルマネジャー(GM)の人選に入りたい」としている。

 出資の申し込み、問い合わせは実行委事務局(県サッカー協会)TEL018・896・5665
(2009/07/22 10:02 更新)




TDKSCのクラブ化移行を承認 JFL

 日本フットボールリーグ(JFL)は30日、臨時評議員会を開き、参戦中のTDKサッカー部(TDKSC、本拠地にかほ市)の来季からの新クラブ移行を承認した。TDKSCはチーム名と運営母体を変更し、来季から新たにクラブチームとしてJFLに参戦する。新チーム運営会社の設立準備を進めている「TDKSCクラブ化実行委員会」の川口房男代表(県サッカー協会会長)は承認を受け「これを機に新たな気持ちでスタートしたい」と語った。

 JFLからのクラブ化移行承認の連絡は同日夕、県サッカー協会の外山純副会長にあった。運営会社の代表就任が予定されている外山副会長は「一歩前進。これから環境整備をしっかりしていかなければならない。新チームの活動のベースは秋田市とにかほ市を考えている」と述べた。

 実行委は8月中の運営会社設立に向け準備を進めるとともに、広く出資を呼び掛けている。出資金は1株2万円。出資の申し込み、問い合わせは実行委事務局(県サッカー協会)TEL018・896・5665
(2009/07/30 20:39 更新)




Jリーグ参入目指しNPO法人設立へ 母体は「カンビアーレ」

 秋田市を拠点に東北社会人サッカーリーグ1部に参戦するクラブ「FC秋田カンビアーレ」を母体にJリーグ参入を目指す有志らは11日、同クラブを運営するNPO法人「あきたスポーツネットワーク」の設立を県に申請する。Jリーグ参入計画はことし2月に発表され、上位リーグ昇格に向けチーム強化を進める上で、税制上の優遇措置などが受けられるNPO法人の設立を盛り込んでいた。

 計画では、2012年の日本フットボールリーグ(JFL)、16年のJリーグ昇格を目指している。NPO法人設立は計画の一環で、11日に県に申請書を提出。2カ月ほどの縦覧期間を経て、早ければ10月にも設立できる見通し。カンビアーレの堀井郁夫監督(44)=秋田市=が理事長を務める。

 県サッカー協会の中には、同じJリーグを目指すという観点から、現在JFLに参戦しクラブ化を目指しているTDKサッカー部(本拠地・にかほ市)との一本化の話も出ているが、今のところ具体的な進展はない。

 堀井監督はNPO法人の設立申請は「一本化とは切り離して考えた」と説明。「まずは当初のビジョン通り、12年のJFL昇格を目指す上での組織づくりを進める」と話している。
(2009/08/11 08:33 更新)

コメント

管理人にのみ表示

TDKと統合できないの?
私もこの記事読んで同じように感じました。
何をしているのかねぇ・・・
お隣岩手もグルージャが分裂して別チームができたり、更に新しい別チームができるなど同じような状況ですが。。。

県外(埼玉)の人間が言うのもなんですが、秋田のスポーツレベルはなかなか上がらない。
サッカーもその1つだと。
サッカーのレベルが上がっている県の理由の1つに、プロチーム、クラブチームが存在し、そのプロチームの下部組織ができることで、指導力のアップ、競技レベルのアップに繋がっていると思うのです。
TDKのクラブ化は秋田のサッカーのレベルアップにつながるチャンスだと思い、期待してたのですが。。。

私の愛する浦和レッズとTDKがJの舞台での対決が実現することを祈っております。
にゃろめ | URL | 2009/08/13/Thu 11:55 [EDIT]
にゃろめさん
私も岩手のゴタゴタを知っているので、
岩手の二の舞だけはやるなよ~、と祈っていました。
が、しかし。

> サッカーのレベルが上がっている県の理由の1つに、プロチーム、クラブチームが存在し、そのプロチームの下部組織ができることで、指導力のアップ、競技レベルのアップに繋がっていると思うのです。
プロのユースやジュニアユースなど、魅力的ですよね~、本当に。

> TDKのクラブ化は秋田のサッカーのレベルアップにつながるチャンスだと思い、期待してたのですが。。。
私も、これで秋田のスポーツのレベルが底上げになる、と確信したのですが。
協会にまとめる力が無かったんですよ。情けない。

> 私の愛する浦和レッズとTDKがJの舞台での対決が実現することを祈っております。
にゃろめさんはレッズサポでしたか。
「漢!」って感じで、すごいですよね、応援。
私が関東在住時に応援しに通ったチームは、リズム感あふれ、家族的な応援でした。
年に一回来るレッズサポが怖かったです(笑)。
秋田に帰省した際、仙台スタジアムで、ベガルタ対レッズの試合を観に行ったこともありますよ。
アウェイサポの人数を見て、レッズはJ2で貢献してるな~と感心したものです。
今のレッズは産みの苦しみですね。間もなく確変し、再び手強い常勝チームになると予想しています。
いつの日か、TDK対レッズを秋田で観てみたいものです。
パルオン | URL | 2009/08/14/Fri 11:14 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。