四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
カネトクさチャンピオン・サケ=金紋秋田“山吹 1995”、本日入荷
先日のブログ(その一その二)でお伝えした通り、

我が大曲市の金紋秋田酒造(株)が世界一を獲った山吹 1995」。

すぐにカネトクさ行ったところ、前回入荷分は既に完売。
全てを管理している社長の帰国をお待ちください、とのこと。

そして、

 konys プログ 大快挙!金紋秋田「山吹1995」IWCのチャンピオン・サケに輝く!

がアップされた。
シニアワインアドバイザーであり、フランスワインコンセイエでもあるKONY氏は
利き酒師の資格も有する。
その彼が、今回の栄誉を詳細に、かつ明快に解説している。
それを読むと、改めてチャンピオンになったことが誇らしくなってくる。

今日、「山吹 1995」はカネトクさ入荷されるようだ。
是非飲んでみたいと思われた秋田県内在住の方は、お早めにお買い求めください。

遠方の方も、

お酒 金紋秋田酒造(株) 内の 紋秋田酒造直販サイト

をどうぞ。


私が初めて金紋秋田の酒を飲んだのは↓

14928928.jpg角間川 720ml

新発売直後の正月に、今は無き角間川ショッピングセンターで買いました。
親戚一同で飲んで、
大曲でこんたに美味い酒を造っている会社があったんだ!と驚きました。


ちなみに、私は料理酒用として

14928877.jpg うまいっしょう 1.8l

を使っています。
秋田県産キヨニシキを使っているし、地元の酒蔵だし、と。
「料理酒」のように塩や様々な添加物が使われていないので、
煮物、タレ、炒め物、なんでもござれ、です。


こういうのも造っているんですね。

14928383.jpg十年熟成酒ブレンド なまはげの隠し酒 1.8l

店頭で見た記憶はありませんが、パック酒でも侮れなさそうですね。





純米吟醸酒「角間川」誕生
大曲市藤木の金紋秋田酒造
地域興しを狙って角間川町の地名で販売


n021214.jpg

大曲市藤木字西八圭の金紋秋田酒造株式会社(尾形吉太郎社長)では隣接する角間川町の地名を付けた純米吟醸酒「角間川」の発売を開始した。

 角間川町は藩政期から明治にかけて雄物川水運の川港として栄えた。県南最大のコメの集積地で、物流の拠点として雄物川の河岸の港には大小70隻もの船が出入りし、角間川町と八圭地区は料理屋や宿屋が林立、昼夜の別なく賑わったものという。

 その角間川の地名を「このまま埋もれさせてしまうのは忍びないという角間川出身の人たちや地元の要望があり、市内で唯一の酒造会社として歴史ある角間川の名を入れた酒を造ることにした」と佐々木孝常務。「地域興しのフラッグシップの役割を担えるような酒です」と味に自慢を込める。

 酒は昨年仕込んだ純米吟醸酒を、雪室に一年間貯蔵した。雪室の中は夏でも3度と室温が安定し、電気冷蔵庫とは違った湿度もあり、その微妙な環境が酒に柔らかさとなめらかさ、うまさを与えたと言う。

 同社は「秋田富士」「金紋秋田」、紙パック「うまいしょう」を発売しているが、「角間川」と名付けた酒こそ角間川ルネッサンスとしたいと佐々木常務。720ミリリットル入りは1500円、1.8リットルは3500円。酒は地元・角間川町の酒屋を中心に市内の酒屋でも販売している。問い合わせは同酒造へ(0187─65─3560)。

(秋田県南日々新聞 2002年12月14日・土)



コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。