四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
Aターン=秋田さ移住希望の皆様へ
夫を連れて秋田さ帰って、早9年。
最近ようやく大曲市民になれた気がします。
今まで感じたことをまとめてみました。

秋田の良い点。
① 秋田の夏、最高!!!
関東での生活で何が一番嫌かというと、夏が暑い、苦しい
それに比べると、秋田の夏は楽ですね。
冷夏だった今年は別にしても、「猛暑日」は年に数日あるかないか、
暑くてもカラッとしているから、東京と同じ気温でも体は軽い♪


② 人が少ないので、のびのびと楽しめる
あちこちに公園がありますが、一部を除き、ほとんど無料。
弁当と飲み物、敷物を持って行けば、丸一日金をかけずにノンビリと楽しめます。
大イベントでもない限り、行列ができたり、人が多くて困ることはありません。


③ 食べ物が美味しい♪
海の幸、山の幸が豊富な秋田。
内舘牧子さんじゃないけど、
「京都で出る懐石料理と遜色ないものが、秋田価格で信じられないくらい安い!」
県民には普通の値段かもしれませんが、
ハイレベルな料理を安く食べられるのは本当に幸せです。


秋田で住む注意点。
① 冬は雪と寒さに頑張りましょう!
秋田県内でも多雪地である大曲。
昨季のようにほとんど降らなければ、良い運動になる、程度で済みますが、
例年ならば朝晩出勤前の雪寄せは日課。
青空駐車場なら車さ積もった雪も寄せる必要があります。


② 車はあった方が良し。普通車の運転免許は必須!
住む場所にもよりますが、軽でも何でも、自動車はあった方がいいです。
免許は絶対に取って下さい。


③ 秋田県民性に慣れれるかどうかは意外と重要
実は夫も私もこれに一番苦労しました。
私なんか秋田出身なのに、「ええっ!?」と何度も驚き、焦ったんだから、
東京出身の夫など…よく慣れてくれました。
秋田県民には信じられないような習性があるので、割り切る覚悟が必要です。



*移住を考える方へ~まずは一度お試しを~

日本でも海外でも、いきなり住んでは絶対に後悔します。
予備知識無く、知らない土地へ移り住んでも、期待と違った、と悔やむでしょう。
住みたいな、と思った所へ、一週間程度住んでみることをオススメします。
今は県のサイトでも紹介しているようです。

 秋田暮らしお試し事業(秋田県定住支援総合情報)

↑では、「大仙市」として、南外村が宿泊地に紹介されています(PDF)。
Aターンで、スローライフな田舎暮らしを望むなら良いと思います。

が、ある程度の利便性を求めるなら、大曲の市街地が良いでしょう。
現在空きがあるかわかりませんが、黒瀬のローソン(タカナオ)の上は
ウィークリー・マンスリーマンションだったはず。
ここを1週間か半月ほど借りて、住んでみてから判断して下さい。

移住体験時期は1月下旬から2月の間に!

もしも春や夏に体験移住したとしても、冬を知らなければ意味がないです。
最も雪の多い、1月下旬から2月中に一週間以上住んでみて、
初めて冬の大変さがわかります

この時期に普通に生活でき、楽しめたなら、
秋田の春や夏、秋は数倍楽しめます!

更に詳しく;

秋田の良い点。
① 秋田の夏、最高!!!
関東在住時、人混み=吐きそう、空気=鼻炎になる、
水=不味くて一口も飲めない、と色々苦労しましたが、
何が一番嫌かというと、夏が暑い、苦しい
暑さで苦しくなるなんて、想像もしなかったことだったので、
本当に辛かったです。あの暑さと、湿気と…関東の夏を乗り越えた自分を褒めてあげたい。

それに比べると、秋田の夏は楽ですね。
冷夏だった今年は別にしても、「猛暑日」は年に数日あるかないか、
暑くても湿度が低くカラッとしているから、東京と同じ気温でも体は軽い♪

昔よりは暑くなって、クーラーを導入する家も増えましたが、
まだまだ扇風機でしのげる暑さ。
昼間の暑さに耐えかねて、東山でもちょっと行けば、涼しい風が。
夜は窓を開ければ十分に眠れます☆

今年は例外ですが、梅雨も関東に比べれば無いようなもの。
除湿器が無くても、ほとんど気になりません。

雪が嫌な人は多いでしょうが、私は暑さの方が何倍も嫌です。


② 人が少ないので、のびのびと楽しめる
人口減少率をダントツトップでひた走る秋田ですが、
人が少ない分、ゆっくりと楽しめることも多いです。
あちこちに公園がありますが、一部を除き、ほとんど無料。
弁当と飲み物、敷物を持って行けば、丸一日金をかけずにノンビリと楽しめます。
そういう場所に行くと、夫と同じ言葉が出ます。
「これ、東京だったら、何千人って来るべな…」
そんな場所を数家族、多いところでも数十人で遊び放題♪

海もプールもスキーもノビノビと。
毎年江ノ島の海や豊島園のプールを見る度に、信じられない私。
なしてわざわざそんたどごさ行ぐの!?歩く場所もねーねん!
しかも、泳げねねん!立って水さ浸かってるだけだねん!何しに行ぐのよ!?
斜陽産業であるスキーも、今じゃ行列できず、スムーズにリフトさ乗れます。
そして、広いゲレンデを悠々と滑れます、

SC内にある映画館だって、満席になることはほとんどなく、のんびりと観れます。

大イベントでない限り、行列ができたり、人が多くて困ることはありません。


③ 食べ物が美味しい♪
海の幸、山の幸が豊富な秋田。
伝統料理もレベルの高いものが多く、実は県民の舌はかなり肥えています。
(ほとんどの県民はそれに気付いていませんが)
他県にも美味い物はたくさんありますが、贔屓目ではなく、秋田はやはり違う!
と感じます。
やはり冷害が少なく、豊富な資源に恵まれたせいでしょうか。
魚介類全般(しょっつるは世界に誇れる調味料)、
穀類(あきたこまち以外の米の品種も美味い)、
果菜(伝統野菜から北限の桃・茶まで)、
肉類(短角牛や比内地鶏)、
そしてそれらの加工品と料理。全て美味しい!!!
しかも内舘牧子さんじゃないけど、
「京都で出る懐石料理と遜色ないものが、秋田価格で信じられないくらい安い!」
県民には普通の値段かもしれませんが、
ハイレベルな料理を安く食べられるのは本当に幸せです。


秋田で住む注意点。
① 冬は雪と寒さに頑張りましょう!
秋田県内でも多雪地である大曲。
昨季のようにほとんど降らなければ、良い運動になる、程度で済みますが、
例年ならば朝晩出勤前の雪寄せは日課。
青空駐車場なら車さ積もった雪も寄せる必要があります。

ピーク時は雪下ろしも。屋根の雪下ろしは高齢者や未経験者には危険な作業です。
お金はかかっても、プロに任せましょう。(要費用)

寒さに関しては、一般的な寒冷地仕様の住宅なら、
関東よりも快適な暖かい冬を過ごせます。
ただし、その分の暖房費がかかります。

近年造られたアパートなら、玄関付近や駐車場は融雪設備完備が一般的なので、
雪寄せにはそんなに苦労しません。
雪下ろしすることもありませんし。

また、一軒家を借りたり、買ったりしても、市街地ならば除雪体勢が整っているので、
(あまり降りませんが)秋田市のように、雪の捨て場に困ることはありません。
朝晩の雪寄せも、良い運動と思えば、ご近所さんとのコミュニケーションともなり、
一石二鳥です。
(現に私の夫は、冬になると痩せます…)
ただし、雪道を歩く術と雪道運転を習得する必要があります。これは慣れ、ですね。

② 車はあった方が良し。普通車の運転免許は必須!
住む場所にもよりますが、軽でも何でも、自動車はあった方がいいです。
家族の人数によっては、二輪車でも、と想像されるかもしれませんが、
冬期間は二輪車は使えないと思って下さい。
昨季のような暖冬少雪でもない限り、積雪や凍結でまず無理です。
大曲の街中ならば平らですから、普段の買い物や通院は自転車で十分ですが、
郊外化が進んでいる現在では、車が無くては、困る場合が増えてきました。
また、余暇などでの他市町村への移動は、車がほとんど。
鉄道やバスは通学、通勤以外ではほとんど使用されていません。
レンタカー会社もあるので、維持費を考えると、
車の使用頻度によっては、借りた方が得の場合もあります。
いずれの場合でも、免許は絶対に取って下さい。


③ 秋田県民性に慣れれるかどうかは意外と重要
実は夫も私もこれに一番苦労しました。
私なんか秋田出身なのに、「ええっ!?」と何度も驚き、焦ったんだから、
東京出身の夫など…よく慣れてくれました涙
これは表現しづらいです。「おぢまげる」とか「えふりこぎ」どか。
先の選挙で、他県出身の候補者が、秋田の県民性として
「表では笑顔だが、裏では悪口で盛り上がる」風な論評をしていました。
これを読んでごしゃいた県民が多かったかもしれませんが、
私としてみれば、全くその通り!です。
特に余所者にはなかなか本音を言いません。
とにかく「思っていても、表だって口に出してはいけない」みたいな。
(その分内々で盛り上がる)
まあ会社の会議でもあることですが、会議中はスムーズに進行しても、
終了後にヒラ同士で言い合いになる、って感じです。
また、人口密度が少ない分、ワガママなのも困った県民性の一つです。
自分のことしか考えていないので、車の運転は最悪、かつ危険です。
店頭などで、後ろに行列ができようが、自分のペースを守り抜く態度。
他人への配慮に欠けているのは様々な場面で見られます。
他にも、信じられないような習性があるので、割り切る覚悟が必要です。
(これが自殺率ワーストワンの県民性)



大曲で子どもを産んだのですが、
妊婦健診の無料券が充実して助かりました。
県外の友人は「1回で1万円でお釣りが来るかどうか」と言っているのに、
こっちは自費出費でトータルで1万円かかるかどうか。
今のところ出産場所も小児科の病院も十分にあるので
出産・子育てに不安はありません。

小中学生の学力が高いのはご存知の通り。
旧帝大に入りたい、医学部じゃなきゃ、でもない限り、
塾などに行かなくても、公立で必要最低限の学力は付きます。


昔と違って、光もADSLもあるから、ネットで仕事もできるし、
情報格差はなくなりました。
ネットショッピングできれば、店が少ない秋田に居ながら欲しい物もすぐに手に入ります。
ギャンプルだって、競馬はテレトラック横手、
競輪はサテライト六郷、
競艇は河辺へ行けば、参加できるし、今はネットでもできます。


文化度もそれほどひどくはありません(多分)。
秋田市には「世界のフジタ」の大作が展示してある美術館はありますし、
わらび座のような劇団もあり、
シアタープレイタウンのような単館系映画を上映してくれる映画館もあります。
秋田のお家芸とも言われたラクビーのチームもあります。
今後バスケとサッカーのクラブチームが作られます。
これを機に、県民のスポーツに対する関心が盛り上がるはずです。


大曲なら「こまち」があるから、東京が恋しくなれば、
3万円弱で片道3時間半、一泊二日の東京生活に戻れます。
ちょっと都会の空気が吸いたいなら、こまちで2時間程、
車で3時間弱で仙台へも行けます。


秋田の、大曲の一番良いところは、四季のはっきりしているところ

暗く長い冬も、その分次に来る春が明るく嬉しく感じます


8月上旬の暑い盛りに、ぬぎーぬぎー、と文句言っていると、
夫に「今だけだ!四ヶ月後には雪が降るんだぞ!!」と言われます。
真夏の今からそんな雪の心配しているのは夫くらいだよ、
と思いつつも、秋田県民にはない発想に救われます。


bjリーグの秋田チーム設立の原動力となった若者は東京都出身です。
また、今県内各地で頑張って注目されている人達は県外出身者だったり、
一度県外へ出て、戻ってきた人達です。


そういう人達のパワーを見ていると、
今のダメダメ秋田に必要なのは、県外で経験を積んだ人だと実感しています。

従来の秋田県民なら、「出る杭は打つ」とか、出る前から打つんですが、
さすがにヤバイと感じているのか、以前よりも受け入れる土壌ができてきました。
その一端が、先の衆院選の結果です。
秋田を変えてくれる人、
秋田の助けになってくれる人、
秋田を大好きになってくれる人、大募集中です!!!



Aターン後に、何度か「また移住しようか」という話が出たことがあります。
しかし、たとえ雪は多くとも、気候風土、食住、教育、医療を総合的に考えて
やはり秋田の大曲以上の住みよいところはない、という結論になりました。
私達家族にとって最適なところが秋田の大曲です。




さらに追記。
一番重要なことを書き忘れました

仕事です。

就職場所、もしくは、稼ぐ手段だけは移住前に確保してください!!

東京など大都市圏でも就職場所が無くて困っている方が多いですが、

秋田は比にならないほど、仕事先がありません!

県内企業への就職、もしくは役所への就職が無い場合、
手持ちのお金に余裕がなければ、自殺行為に等しいです。

ネットも整備されているし、県外で仕事をもらい、秋田でこなす、というSOHO的な方法もあります。

いずれにしても、現金収入の手段を確保してから、御来県ください。

秋田に住んでいただける方をお待ちしております。

コメント

管理人にのみ表示

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/09/08/Tue 20:03 [EDIT]
秋田の夏
秋田の夏はいいですね~、日暮れに、採れたての枝豆トウモロコシつまみに、清流で冷やしたビール最高ですね、とても癒されますよ。もちろん、花火も最高! 高校の時、親友宅ベランダから見たな~(飲み会しながら)あの頃は68万人来てなかったよな~。
湧太郎 | URL | 2009/09/08/Tue 23:02 [EDIT]
おじゃまいたします。
パルオンさん、はじめまして。

大曲生まれのぶらどっくと申します。

秋田の良い点、悪い点、とても頷ける内容ですね。
良いトコ、悪いトコ含めて、秋田県が大好きなので、頻繁に秋田入りしております。

普段の大曲はヒトが少なくて、ホントのんびりしていますよね。
花火の時の大曲はすごいですよねー。

今月の連休にも帰るので、その際には嶋田ハムを食べたいとか思ったりしています。

ではでは、おじゃま致しました。
ぶらどっく | URL | 2009/09/09/Wed 12:45 [EDIT]
JKさん
温かいコメントをありがとうございます!
私は故郷なので、割り切れる部分もありますが、
私の夫や友人のように、結婚して連れてこられた人にはどう映っているのか、
心配で不安な面がたくさんあります。
そういう人達に「秋田に来て良かったな」と思われるよう、
少しでも秋田を良くしていきたいです。

冬はスキーなどをすると楽しくなりますよ~。
子どもの頃はスキーばっかりしていたので、
雪が降ると、嫌な顔をする親を無視して、大喜びしていました。
これからは紅葉のキレイな季節です。
野山で錦絵のような風景を楽しんでください。
(私は玉川~八幡平をオススメします)
パルオン | URL | 2009/09/10/Thu 13:01 [EDIT]
湧太郎さん
採れたて、茹で立ての豆とキミは最高ですよねv-398
花火の翌朝、河川敷さじぇんこ拾いに行きませんでしたか?
私は遠いので無理でしたが、同級生達は「俺、○○円拾った!」、
「俺は、○○円!!」みたいに、盛り上がりましたよ。
今は早朝に警察が動いているそうですが。
あの頃は、授業2時間、急いで帰って樽みこし、その後花火、
だったので、翌日にそんな体力も気力も残っていませんでした。
その頃は20万とかで、まだのんびりムードでしたね。
秋田を離れる前に42万とかで、何コレ!?って驚きましたが、
今の70万前後って…もう行く気も失せます(苦笑)。
パルオン | URL | 2009/09/11/Fri 15:08 [EDIT]
ぶらどっくさん
初めまして!読んでくださり、また、コメントもありがとうございます♪
ぶらどっくさんのブログを拝見しました。
頻繁に来曲、誠にありがとうございますm(_ _)m
花火の写真(西山の夕焼けも)、素敵ですね~。
私もこういう写真が撮りたいんですがv-356

普段の大曲は…駅前を中心にゴーストタウンですねv-39
もう昔のような活気は戻らないと、最近覚悟ができましたv-406

五連休にも来ていただけるのは本当にありがたいです。
横手でのB-1グランプリでは、全国各地のB級グルメだけでなく、
秋田県内のおらが料理、特産品も一堂に集まりますので、
もしお時間がありましたが、汽車にて横手へも行ってみてください。
パルオン | URL | 2009/09/11/Fri 15:18 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG