四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
内陸線、がんばってます!
今日の「週刊エビス堂」でも特集されていましたが、

秋は秋田内陸線で紅葉狩りを!!!

いかがでしょうか。

今年も厳しい状態の秋田内陸縦貫鉄道(株)
でも沿線住民や応援団も頑張っています。

テレビで田んぼアートの「ないりっくん」を見たときは感動しました。
生で見たい!!

会社側も11月29日まで、快速「錦秋号」という臨時列車を運行し、
利便性に努めています。
これで田沢湖線を使って阿仁さ行くのに、時間のロスが無くなり、すごく楽になります。
(通年運行してほしい)

森吉山の紅葉も見頃を迎えます。
今月の25日までは阿仁ゴンドラは毎日運行されますし、
阿仁合駅~阿仁スキー場周辺の阿仁タクシーは通年で毎日運行。
18日までの土日祝日は、秋北バスも運行されます。


 臨時列車「錦秋号(快速)」(PDF)

 阿仁のゴンドラで行く森吉山紀行

 森吉山周遊タクシー(PDF)

 路線バス「阿仁合・阿仁ゴンドラ山麓線(PDF)


日帰りでも十分に楽しめる、内陸線&森吉山。
秋を満喫するには最高のコースです。



秋田内陸縦貫鉄道:輸送人員、前年割れ
 貸し切り利用少なく--4~7月


 第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道株式会社は30日、4~7月末の輸送人員が前年同時期の実績を4229人下回ったことを明らかにした。

 輸送人員は15万6952人で、昨年同期比2・6%減。夏場の貸し切り利用が少なかったうえ、沿線の北秋田・仙北両市の職員による定期券での通勤が人事異動で減少したためという。ただ9、10月の貸し切り予約は前年を上回っているとしている。

 厳しい経営が続く内陸線は存続のため、10年度は年間輸送人員60万人、経常赤字2億円を目標としている。08年度の輸送人員は約47万人だった。

 佐藤広道専務は「赤字2億円は達成できそうだが、輸送人員は厳しい。生活路線としてダイヤのあり方を検討し、観光路線として地元住民と共に、下車してからの散策ルートなどの開発に動いている」と話した。【岡田悟】
(毎日新聞 2009年10月1日 秋田版)


秋田内陸縦貫鉄道:抽選でグッズキャンペーン--きょうから
◇60万人達成目指し
 秋田内陸縦貫鉄道は乗客年間60万人を目指す策として、3回乗車すれば抽選でグッズがもらえる「チーム60万人 マイレールキャンペーン」を1日から実施する。スタンプを集めて応募すれば、開発中のグッズなど10点が入った「内陸線お楽しみBOX」6人に、マスコット「ないりっくん」のタオルハンカチ、ステッカーのセットが300人に当たる。

 スタンプカード付きチラシを沿線の2万2000戸に配布。有人の駅にも計3000部設置する。応募期間は1日~11月30日と12月1日~10年2月28日までの2回。有人駅では駅員に、無人駅では運転士にスタンプを押してもらう。定期券や企画切符は対象外。ギフト回数券は利用可能。3個集まれば住所や氏名を書いて駅員か運転士に渡す。問い合わせは秋田内陸縦貫鉄道株式会社(0186・82・3231)。【岡田悟】

(毎日新聞 2009年10月1日 秋田版)


田園アート見ごろ、内陸線モチーフ 仙北市田沢湖
20090924c12.jpg
 仙北市田沢湖小松地区の田んぼで、秋田内陸縦貫鉄道の列車をモチーフにしたキャラクター「ないりっくん」が浮かび上がる田園アートが見ごろを迎えた=写真。

 アートは、秋田内陸線の角館駅と羽後太田駅の間の線路脇にある。上下6本の列車が近くを通過する際に徐行運転しているほか、観光アテンダントが車内放送でアートを紹介し、乗客を楽しませている。

 地元農家らが5月、約15アールの田んぼに、実ると紫、赤色に色づく観賞用イネとあきたこまちを植えていた。植え付けに参加した男性は「乗車促進の一助となれば」と話していた。アートは水田脇の簡易展望台からも見渡せる。イネは来月中旬ごろ刈り取る予定。
(魁 2009/09/24 08:53 更新)



コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG