四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
台風18号が去って
久しぶりに秋田をかすめた台風18号。

幸い予報よりも東へ進み、
大曲では風と雨が強くなったくらいで、
目立った被害はありませんでした。


が、ニュースでは、多くの友人が住んでいる愛知県の渥美半島~豊橋が
大変な状態になり、
竜巻が発生したと思われる北関東や
B-1グランプリで知った福島県の浪江や宮城県の登米などの被害が
何度も繰り返し伝えられるなど、
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。


台風が来ているのに、学校あったんだべが…
下校時間帯に最も接近する~台風真上、って言っているのに、まさか登校してねーべな、
と思っていたら、普通に登校していたそうです。
しかも10時に下校!?
だったら登校させるなで
登下校の時が危険だべった!!

秋田市や男鹿市みだいに、最初っから休校にせばいがったのに。

たいしたこどねくていがった、と思っていたら、
知人の家、屋根が飛んでいったそうで。
中仙や角館、田沢湖の方はかなりの強風だったようです。

一日も早く復旧し、元の暮らしに戻るよう、心からお祈り申し上げます。



台風18号情報
大仙市で対策本部設置
市内各小・中学校の児童・生徒、午前中で下校へ

大仙市では8日、大型の台風18号が同日夕から深夜にかけて最接近するとの見込みから午前9時に対策本部を設置、警戒体制に入った。市教育員会でも市内各小・中学校に授業を午前中で打ち切って児童、生徒を給食後、下校するよう指示した。大曲高校などでも昼前に生徒たちを下校させた。
大曲仙北広域消防本部によると同日午前10時45分ごろ、大仙市中仙豊岡で強風で倒木があったとの情報があったほか、仙北市田沢湖神代でもプレハブの屋根が飛ばされたとの情報が入っている。
大仙市では、本庁及び各総合支所合わせて20人の職員が8日夜から9日朝にあけて警戒のため待機させる。
風は午前中に一時、強まったが、午後1時20分現在は無風状態だ。雨は強まっている。秋田地方気象台は仙北平鹿地域に暴風警報、大雨、雷、洪水注意報を出している。風は8日夜遅くまで東の風のち西の風、最大風速15メートルの強風になりそうと予測している。雨も8日夜のはじめごろまで1時間の最大雨量は40ミリに達しそうという。(8日午後1時40分)
(秋田県南日々新聞 10月8日・木)


大仙市=台風18号一過、青空も
屋根のトタンはく離、住家・非住家合わせて14軒

台風18号が通過した9日朝、大仙市では雨の後、青空が広がる天気となった。台風余波と思える風が時々、強く吹いている。
8日夕の台風最接近に備え、災害対策本部を設置した大仙市総合防災室によると同日夜9時現在で住宅の屋根のトタンはく離被害は中仙、太田、協和の3地域合わせて4軒あったほか、非住家は10軒あった。また、同地域で樹木の倒木も6件あった。いずれもけが人はなかった。
大曲消防署によると台風18号で観測された瞬間最大風速は8日午前11時、11メートルだった。雨量は7日夜9時から8日夜9時までに37ミリだった。
(秋田県南日々新聞 10月9日・金)


台風18号、農業被害1300万円 住宅被害は29棟に
 台風18号による県内の農業被害は、収穫前のリンゴ落果や農業施設損壊など約1300万円に上ることが9日、県農林水産部のまとめで分かった。今後の調査で被害額はさらに増える見通し。

 農作物の被害は4市町村で約200万円。美郷町では6・6ヘクタールで収穫前のリンゴが落果、リンゴの木5本が折れた。農業施設は5市町村で約1100万円の被害。大仙市と仙北市で作業小屋と牛舎計16棟の屋根のトタンがはがれたほか、ビニールハウス17棟が倒壊。両市と美郷町の計76棟でビニールがはがれた。

 県総合防災課によると、仙北市など4市町で新たに住宅16棟に一部損壊の被害があったことが判明、住宅被害は計29棟になった。また、仙北市と大仙市の小中高校の8施設で、屋根やシャッターが破損した。

 8日は5市村の17世帯20人が自主避難したが、9日朝までにすべて帰宅した。
(魁 2009/10/09 20:51 更新)


台風18号:建物損壊、停電も 新幹線、空の便乱れる
台風18号が接近した8日、県内でも雨が降り続け、建物の損壊や停電など強風による被害も出た。

 秋田地方気象台によると、八峰町で23・9メートル、仙北市角館町でも20・9メートルの最大瞬間風速を記録。7日夜の降り始めから午後6時までの降水量は、鹿角市八幡平で102ミリ、湯沢市で54・5ミリ、由利本荘市で54ミリなどとなっている。

 仙北署によると同日午前10時半ごろ、仙北市田沢湖の国道46号沿いにある木材置場が強風で倒れ、1時間近く通行止めとなった。同市では民家のトタン屋根がはがれる被害も12棟あった。大館市では、約20メートルのアカシアの木が倒れる被害が2件あった。

 東北電力秋田支店のまとめでは、北秋田市小森や仙北市角館町、男鹿市船川港などで延べ5167世帯が停電。JR秋田支社によると、秋田新幹線「こまち」の上下9本が運休するなどダイヤが大きく乱れた。空の便は秋田空港発着が21便、大館能代空港は4便が欠航した。

 小中高校は秋田市、能代市、男鹿市などで118校が休校となり、そのほかの小中学校はすべて下校時間を繰り上げた。【小林洋子】
(毎日新聞 2009年10月9日 秋田版)


台風18号 5市村で自主避難
20091008-297858-1-L.jpg倒壊した資材小屋(8日午後0時33分、仙北市田沢湖卒田で)=田中雅之撮影

全小学校で休校、短縮
 台風18号は8日、秋田県に最接近し、強風で民家の屋根がはがれたり、街路灯が倒壊したりするなどの被害がでたほか、学校や交通機関などにも影響が出た。また、午後8時現在の累計で、鹿角市や上小阿仁村など5市村計17世帯20人が自主避難した。

■建物被害
 県などのまとめによると、仙北市や美郷町などの民家計13棟でトタン屋根が一部はがれたほか、大仙市や鹿角市など4市町で小屋の屋根が一部はがれたり、車庫が飛ばされたりした。
 このうち、午前10時半頃、仙北市田沢湖卒田の「門脇木材」の木造資材小屋(幅27・3メートル、奥行き3・6メートル、高さ5メートル)が突風で吹き飛ばされ、約7メートル離れた国道46号に落下、走行してきた乗用車が衝突した。運転していた自営業男性(67)にけがはなかった。
 近くの土産物店で働く佐藤藍さん(28)は「店の事務所から外を見ていたら、小屋が飛んだのでびっくりした」と話した。
 また、午後1時半頃には、同市角館町岩瀬の衣料品店兼住宅のトタン屋根が突風にあおられてはがれた。この店の加納秋恵さん(61)は「ぐわっという大きな音が聞こえた。けが人がいなくて本当によかった」と胸をなで下ろした。

■交通機関
 JR秋田支社によると、午後8時現在、秋田新幹線こまちが上下計9本運休したほか、羽越線や奥羽線、五能線など7路線で計118本が運休した。
 また、新日本海フェリーの秋田発着便が欠航したほか、秋田空港発着の計21便と、大館能代空港発着の計4便も欠航した。

■学校など
 秋田市や男鹿市で小中学校が全校休校するなど、小学校73校、中学37校、高校9校、特別支援学校1校が休校になった。休校にしなかった学校でも、小中学校は全校、午前中で授業を切り上げた。また、強風による断線などで、北秋田市、仙北市、男鹿市の計5167戸で停電した。
(2009年10月9日 読売新聞秋田版)


台風、各地に被害
 台風18号が県内に接近した8日、各地で建物の損壊や停電などの被害が相次ぎ、交通などにも大きな影響が出た。

 秋田地方気象台は同日午前5時5分に暴風警報を発令。午後1時ごろから県南部が暴風域に入り、終日、非常に強い風と強い雨に見舞われた。北秋田市、鹿角市、上小阿仁村では、6世帯の計7人が強風などを心配し、近くの公共施設に一時、自主避難した。

 県は災害連絡室(室長・総合防災課長)を7日午前10時に設置。鹿角市で車庫が全壊、仙北市と大仙市、美郷町では、住宅のトタン屋根などが飛ばされ一部損壊、同町では街路灯が倒壊など計24件の被害を確認した。また、小中高校、特別支援学校の計120校が休校し、計344校が授業を短縮するなどした。

 東北電力によると、北秋田市や仙北市などで電線が故障し、延べ5167戸が一時停電、午後6時過ぎに解消した。

 交通も乱れた。JR秋田支社によると、秋田新幹線こまち9本が運休となった。ほかに、仙北市の刺巻駅構内での強風による倒木などにより、こまち3本が区間運休、9本に最大3時間15分の遅れが生じた。

 空の便は、秋田空港発着の21便、大館能代空港発着の4便が欠航になった。

 新日本海フェリーによると、8日から9日にかけて秋田港を発着するフェリー2便が欠航になった。

 このほか、各地のイベントにも影響があった。県社会福祉協議会は男鹿市民文化会館で9日に予定していた県社会福祉大会を中止した。各市町村社協の役員や民生委員ら千人が参加する予定だったが、災害が予想され、地域の高齢者の見守りが必要なため、取りやめた。

 大館市の長木川市民広場で10、11日に予定されていた「本場大館きりたんぽまつり」は11、12日に変更される。
(朝日新聞秋田版 2009年10月09日)



コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG