四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
秋田産の無添加生ハムが食べたい!
ちょっと前になりますが、
読売新聞の秋田版に「大館の廃校 生ハム工場に」という記事がありました。

文春の6月11日号で紹介されていたスペイン料理店で出会いがあったそうで。
協和や田沢湖にて、秋田県産の豚肉と塩だけで作った生ハム
(もちろん添加物は使用しない)。
それを食べて感動したのが秋田県出身の会社社長。
県北出身の二人の社長が、大館の廃校で生ハムを作り始めるそうです。

生ハム…スペイン語で「ハモン・セラーノ」というそうですね。
大好きです。あとワインがあれば最高!

秋田さもお店があったんですね。

 グランビア 秋田本店 HP
…いぐ行ぐ所のすぐ近くだねん!
なして今まで気付がねがったんだorz


こちらもご一読ください。
 かわい農場 の日記 ブーの散歩 の 骨付き生ハム
ここの豚肉は甘くて本当に美味しいです(しかも日持ちする)

戸蒔にある(吉村クリニック・佐藤レディースの近く)
イタリア料理のサンタ キャロット。
ここでも一年間熟成した自家製生ハムが12月下旬から食べられるそうです。
秋田の気候は生ハム製造に適しているのかな?


大館の廃校 生ハム工場に
20091120-067029-1-L.jpg
「教室に生ハムをぶら下げるのが楽しみ」と語る金子代表取締役(秋田市山王の「グランビア秋田本店」で)

 児童数の減少で廃校になった大館市の旧山田小学校が12月から、生ハムの工場に生まれ変わる。都内で活躍する本県出身の実業家2人が「古里を元気にしたい」と立ち上がった。廃校を改造して地元から従業員を採用、生産量日本一の工場を目指す。廃校を活用したユニークな取り組みに、文部科学省は「施設の再利用と雇用を生むという点で画期的な試み」と注目している。(糸井裕哉)

 「こんなにうまい生ハムは初めて。手に入れたいので作った人をぜひ教えて」。東京都在住で不動産会社社長の根田哲雄さん(76)は昨年12月、都内のレストランで口にした生ハムの芳醇(ほうじゅん)な味わいに、思わずうなった。紹介された生ハム職人は、都内と秋田市内で計3店舗のスペイン料理店「グランビア」を経営する三種町出身の金子裕二さん(57)だった。

 大館市出身の根田さんと三種町出身の金子さん。同じ県北出身の経営者だったことで話が弾み、「故郷を活性化するため秋田に生ハム工場をつくろう」と意気投合。根田さんは大館市で廃校の有効利用を検討していることを知り、「コストが低く抑えられ、町おこしにも貢献できる」と市に打診し、了解を得た。

 2人は、その後、製造会社「白神フーズ」を設立し、根田さんが社長に就任。年間約70万円の賃貸料で廃校を借り受け、約5000万円を投じて生ハム工場としての設備を整えた。根田さんは「冷涼な大館の気候は、高温多湿が苦手な生ハムにピッタリ」と話す。

 白神フーズが作るのは、防腐剤などの添加物を一切加えず、天然海水塩のみを使用した「長期熟成型生ハム」だ。県内で飼育された豚肉を使い、低温で1~2年熟成させる。

 金子さんによると、発光剤などを使用しない長期熟成型の生ハムの国内流通量は年間わずか21トン。同社は今年度約28トン、3年後には70トンを仕込み、日本一の生ハム工場にする計画だ。

 金子さんのハムは、自分の店でも生産が追いつかないほどの人気だといい、「脂が少なくさっぱりした味わいは、日本人の口にきっと合うはず」と自信を見せる。

 同社は12月に仕込み作業をするパート10人を雇用。来年4月からは15人を通年雇用する。事業が軌道に乗れば、転用可能な市内の廃校3校すべてを生ハム工場にする夢も抱いている。
(2009年11月21日 読売新聞)


コメント

管理人にのみ表示

地産地消つながり
グランビアと川井農場、古くからのつきあいです。

グランビアのマスターが、SMAPの草事件のインタビューに出た時にはぶっ飛びましたが(笑)

個人的にお二人とも知っていますが「地産地消を進める会」で
川井農場の娘さんをゲストに
秋田市山王のフランス料理店「北州亭」で
地産地消ディナー会をやり、

グランビアでスペイン料理で
第2回地産地消ディナー会をやりました。

農家・生産者をいっしょなので、
最後は宴会に近くなりますが(笑)

そういえば
北州亭の奥さんは、大曲出身ですね。
アキモト酒店 | URL | 2009/12/01/Tue 09:39 [EDIT]
小ネタを
立て続けですみません。

庄内ネタで思い出しましたが、
酒田には「ル・ポットフー」という
30年以上の歴史のあるフレンチレストランがあります。

東北各地にここで修行した料理人がいます。

角館の「アシエット・ブランシェ」もそうです。

ミニ情報でした。

http://blog.livedoor.jp/sakeakmt/archives/65119420.html
アキモト酒店 | URL | 2009/12/01/Tue 17:54 [EDIT]
アキモト酒店さん
貴重な情報をありがとうございます。

かわい農場の娘さんは、ソーセージ作りをしているんですよね!
ラジオでハン様が訪ねたときに知りました。
その後ソーセージを食べたのですが、納得の美味しさでした(^_^)

酒田といい、鶴岡といい、庄内地方は食のレベルが高いんですね!!
行ってみたいなぁ。
パルオン | URL | 2009/12/03/Thu 11:48 [EDIT]
ランチタイムに良くいきます。
オフィスが溜池山王パークタワーなので、昼時の混雑時をずらし、TBS界隈にぶらぶら歩いて行ったら、わあこれは何と私の大好きなハモンセラーノの足がウィンドーに有るではありませんか!
白とブルーのタイルもイベリア半島の雰囲気を醸し出し、吸い寄せられるように店内に。
迷わず生ハムを挟んだバゲットのランチを注文。
もう期待以上にたくさん挟まれた生ハム。
何より驚いたのが出身地大館の廃校利用で作られた生ハムですって!!!
それ以来、仕事で煮詰まった時のランチは迷わずここと決めています。
パクパク食べていると、原点に戻って頑張れるんだ。
大館を出てはや30年、外資系の管理職になるまで自分でもよくけっぱったと思う。
秋田おばこはグルメでもあるんだよ。土地の美味しい物を食べて育ってきたからね。
赤坂で大舘産生ハムと出会い、へえ頑張ってるじゃんと嬉しくなりました。
出来れば、贈答用(お中元・お歳暮)商品があればいいなあ。
どんどん知人に送っちゃいますよ~
いくちゃん | URL | 2012/10/22/Mon 21:03 [EDIT]
いくちゃんさん
返信遅くなり、失礼しました<(_ _)>

大都会東京のど真ん中でのお仕事お疲れ様です。
故郷に縁のあるお店を見つけられて良かったですね!
私も赤坂に行った際は、と思うのですが、
子連れで赤坂&お洒落なレストランは無理…。

秋田の方には店頭まで行ったんですが、
時間がなく、次回に…と思っていたら、
先日閉店してしまいました(T_T)

近い将来、家族で生ハム作りに参加してみたいです。

通販もあるようですよ!

http://www.shirakami-foods.co.jp/postmail/postmail.html
パルオン | URL | 2013/05/16/Thu 09:43 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。