FC2ブログ
四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
秋田にとって高校野球はそんたに重要だのが!?
私は小中時代、マイナーな運動部に所属していました。
仲間と共に放課後も休日も真面目に練習し、
華々しい成績を収めたわけではありませんでしたが、
辛くとも頑張り続けた経験は一生ものです。
でもその時から思っていたのが、
なして野球部だけそんたに応援するの??

総体での壮行会でもメインは野球部、
吹奏楽部や応援団はもちろん、
無部の人も授業もせずに野球部の応援で市民球場へ、
など、うらやましいのと不思議な気持ちが半々でした。

現在は野球だけでなく、様々なプロスポーツが盛んな日本。
我が秋田県でもラグビーやサッカー、バスケットボールの
三つのクラブチームができ、県民に浸透し始めています。

野球だけでなく、スキーや競輪、相撲、など
様々なスポーツ界で秋田県民が活躍しています。

なのに、なぜ高校野球?
しかも甲子園で長年初戦突破でぎねーがらって??

わげわがんね!

確か県ではトップクラスの能力を持つ生徒に
奨学金(支援金?)を支給し始めたはず。
それは競技の種類を問わなかったので、
素晴らしい支援だと感動しました。
それなのに、高校野球限定で予算??

某議員が国会での初の質問が、プロ野球のアマへの接触云々
だったので、呆れてしまいましたが、
まさかそれの影響!?

別に野球が嫌いではなかったんですが、
高校野球の取り上げ方
(高校生の一競技の全国大会の一回戦レベルでNHKの電波を延々と使うな!)
や、この予算の使われ方なんかだと嫌になってくる。

この予算(しかも事業を開始する前の計画段階で133万円)の3倍強しか
アトリオン室内オーケストラには出していないのに。
秋田県民の文化事業よりも、高校生の一つの部活動の方が大事かぁ。



アトリオン室内オケ、活動休止へ 来年度以降、資金不足が要因
20101118b12.jpg活動休止の方向で検討されているアトリオン室内オーケストラ(今年8月の定期公演)
 秋田市のアトリオン音楽ホールを拠点に16年間にわたって演奏活動を行ってきた「アトリオン室内オーケストラ」(ACO、団員20人)が、来年度以降の活動を休止する方向であることが17日、分かった。ACOを運営する「アトリオン室内オーケストラ協会」(佐藤暢男会長)の会員減少や県予算の縮減による資金不足が主な理由で、26日に開く同協会の臨時総会で正式に決定する。

 ACOは1994年、アトリオンの開館5周年を機に設立された。活動の柱は、県主催で毎年行われてきた定期公演。団員の出演手当などは同協会が賄い、外部指揮者やソリストの招聘(しょうへい)費用などは県が負担している。だが、財政状況は厳しく、公演に関する県予算はこの5年間でほぼ半減。本年度は約370万円で、年2回だった定期公演も本年度は8月の1回だけとなった。

 また、会員減によって同協会の運営自体も厳しさを増している。団体と個人による会員(年会費12万円)は98、99年は最多の127だったが、その後は減少を続け、現在は41とほぼ3分の1。賛助会員(同3万円)も最多だった2005年の131から107に減少した。同協会は「厳しい経済情勢の中、早急な会員増強は期待できない」としている。
(魁 2010/11/18 08:36 更新)


活動休止、結論を保留 アトリオン室内オーケストラ

 アトリオン室内オーケストラ協会(佐藤暢男会長)の臨時総会が26日、秋田市の県商工会館で開かれ、同協会の来年度以降の活動休止を議題にした。執行部側が提案した休止案に対し、出席した会員からは、県に頼らない新たな運営形態も視野に入れながらアトリオン室内オーケストラ(ACO)を何らかの形で引き継ぐ道を探るべきとの意見が相次ぎ、結論は保留された。

 総会には会員ら26人が出席。佐藤会長が、近年の会員数の減少や県予算の削減によって厳しい運営を強いられている現状を説明。「これ以上の負担を会員にお願いして活動するのは難しいと判断した」と休止に理解を求めた。

 出席者からは「いったん休止したものを再開するのはまず不可能。(活動を)縮小しても残す方法はなかったのか」「そもそも県の負担に頼らず、民間が手弁当でもやっていくという建設的な話にはならなかったのか」といった意見のほか、「民間に広く呼び掛けて、自前で活動していける強い組織が望ましい」など、アトリオンの“顔”であるオーケストラの存続を求める声が上がった。

 これに対し那波宗久副会長は「これまでのスタンスは県のやることを支援するというものだった。これを見直し、新たな形態を模索するには、(運営経費などの)試算もする必要がある」と話し、執行部で新しい運営形態の道筋を検討した上で年度内に再度総会を開き、結論を出すことにした。
(魁 2010/11/27 10:26 更新)


高校野球強化、戦略検討に133万 12月県議会に予算計上

 県は12月定例県議会に提案する一般会計補正予算案に、低迷が続く県内高校野球を強化するための事業費133万円を計上した。専門家らによるプロジェクト委員会を来年1月中に立ち上げ、甲子園で勝ち抜くための戦略を検討する。

 県教育庁保健体育課によると、プロジェクト委員会は県内の野球関係者と、県外のテレビ解説者や甲子園の優勝経験監督など、計16人程度を想定。

 来年1月中に初会合を行い、今後の課題などを検討。具体的な強化策にかかる費用を、来年度当初予算案に盛り込む予定だ。
(魁 2010/11/25 10:11 更新)


コメント

管理人にのみ表示

私は野球ファンではないのでパルオンさんの気持ちが分かります。しかし!私の父の世代あたりの方々は皆さん野球好き。嫌いな方はいません。ファン人口が多いとお金も沢山動くんですかね~
今日サタナビでカレーうーめんの事を取り上げてましたね。プチフレンドの名前が出なかったので残念でした
ムッチム | URL | 2010/12/11/Sat 11:43 [EDIT]
野球ファンが多いんでないかな。そのほかのスポーツより年寄りも子供も判りやすいし。それと旧制中学校で甲子園に行ってないのは三校のみ・・・地域の卒業生の間では熱き思いを語る人も多いよ。パルオンさんには理解できない話かもしれないね。甲子園ではいつも初戦敗退・・・他の勝ち進んでるところは私立高校で全国から有望な選手を集めてるけど秋田県は公立高校で
それだけやってる訳じゃないから怒られるかも知れないけど当たり前のような気がする。出るからには初戦敗退でない方が望ましいなぁ、テレビで応援していてそう思うよ。
土屋舘能書き居士 | URL | 2010/12/14/Tue 00:13 [EDIT]
秋田にとって高校野球はそんたに重要だのが!?
こんにちは。初めまして。初めてブログを拝見致しました。賛否両論あるとは思いますが、高校野球強化の事業化についてなんですが、素晴らしい事だと思うのですが、いかんせん中身が空っぽだから批判が出てくると思います。内容が薄いからだと思います。
ベースボール秋田事務局 | URL | 2010/12/22/Wed 16:07 [EDIT]
ムッチムさん
コメントありがとうございました!
返信遅くなって失礼しましたm(_ _)m

40代以上はスポーツ=野球ですもんね~。
でも、プロチームならともかく、
高校野球って、部活だねん、という思いが消えなくて。

カレーうーめん見逃した!!
録画したのをチェックする余裕が無くて。
もっとメディアで取り上げて欲しい名物麺です♪
パルオン | URL | 2011/02/08/Tue 11:36 [EDIT]
土屋舘能書き居士 さん
コメント頂きながら、返信遅れていてすみません。

野球ファン…多いですかね、まだ。
かく言う私も昔はセ・リーグの某チームファンで、
グッズも多数所持。
でも、サッカーを知って方向転換(笑)。
夫も、親も、妹も、みんな大好きだった野球から興味を失ったので、
なにを今さら、というか、高校レベルで?って感じで。

野球だけでなく、他のスポーツ部、文化部も注目せで!
と言いたいだけなんです。
県の予算が潤沢ならまだわかりますが。
パルオン | URL | 2011/02/14/Mon 13:49 [EDIT]
ベースボール秋田事務局 さん
初めまして!コメントご記入ありがとうございました。
返信大変遅くなり、失礼しました。

賛成する県民、どれぐらいいるんでしょうかね…。
甲子園で優勝するために!
ではなく、甲子園で初戦突破するために、の予算。
ご指摘通り、内容が無く、とりあえず予算取っておかねば、
ってところも腹悪い一因です。

初戦突破が目標なら、
くじ引き前御祓いしてもらってくじ運をあげるのが
費用対効果から見て最善かと。

でもなんでもかんでも野球が一番ってとこが、最も解せないんですが。
パルオン | URL | 2011/02/21/Mon 14:14 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG