四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
文春を読んで子育てを考える
もう新しいのが発売されちゃいますが、
文春を読んで感動したので紹介を。

 週刊文春 9月22日号

「阿川佐和子のこの人に会いたい」が、先日秋田さおざってくださった、
上原ひろみさんでした。
数か月前にアエラを読んだ時、
天才ピアニストなのに、ピアノを始めたのが6歳なんだ~
早けりゃいいってわけでねーんだ~
と思いました。
しかもヤマハで習い始めた、と。
浜松出身だからか、と思いつつも意外。
天才アーティスト=早期教育&有名教師の個人レッスン、
というイメージがあったので。
で、文春を読んで、謎が解けました。

私もごしゃいてばっかいねで、もっと本を読んであげよう、
習い事は、のびのびと指導して下さる先生にお願いしよう、と思いました。

それにしても、上原さんの生演奏、聴いでみでがったな~~。


「新・家の履歴書」は日本文学を研究しているロバート・キャンベルさん
外国出身で日本を研究されている方は
驚くような日本語を話すのですが、彼もそうでした。
まさか自らの幼少時を秋田名物の「じゅんさい」で例えるとは!
私もじゅんさいのようになってわらしを育てるべ、と誓いました。

ということで、文春で育児について学びました。
あ、池田暁子さんの「人生モグラたたき!」も。
子どもの絵が素晴らしい理由を簡潔にまとめていて、なるほど、と。
やっぱし子育ては難しいけど、奥が深いな~。   

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。