四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
刺巻湿原でミズバショウ鑑賞
週末、数年ぶりに田沢湖の刺巻さ行って、ミズバショウを見てきました。



道路の方、手前部分は今がちょうどの花盛りでした。
奥の方はまだまだ雪があり、これからも比較的」長期間見られると思います。




数年ぶりに来て感じたのは、お客さんが増えたな~、と
わが子の成長。
前回は抱っこして、写真撮りながら回れましたが、
今回は…待でーー
子どもって、細くて長いところはなぜダッシュしたいんでしょうか。
お客さんが多かったから、全部ではありませんでしたが、
奥の誰も来ない木道ではとことことこ~と超早足!
万が一落ちだら、と思うと、気が気でなく、やめれーー
写真なんて撮る余裕無しせっかく行ったのに。
これだば、来る途中であちこちに咲いていたミズバショウを見ればいがった。

雪解けの遅かった今年はまだまだ見れます。
GW前半まではミズバショウを楽しめるようです。

 あきた花紀行 2012 ミズバショウの花日記

 刺巻水ばしょう祭り ←ぜひダウンロードして確認を!

次はぜひ200円の牛串を食べたい


日差し浴びミズバショウ鮮やか 仙北市田沢湖・刺巻湿原

 仙北市田沢湖の国道46号沿いに広がる刺巻湿原で、春の日差しを浴びて伸びたミズバショウの苞(ほう)と葉が、乳白色と緑色の鮮やかな対比で訪れた人の目を楽しませている。

 現地では恒例の「刺巻水ばしょう祭り」(刺巻成年会主催)が開かれており、6万株が群生する約3ヘクタールの湿原を縫うように木製の歩道が設けられている。20日は家族連れやカップルがゆっくり歩いて観賞。雪解け水が流れる音に耳を澄まし、かれんな姿をカメラに収めていた。

 水ばしょう祭りは5月6日まで。同成年会の中島会長によると、今年は残雪の影響で開花が例年より10日ほど遅く、湿原の中でも雪解けが遅かった部分はこれから見頃を迎える。ザゼンソウ、カタクリ、キクザキイチゲなどとの共演も見どころで、「ゴールデンウイークいっぱい楽しめそう」と話している。
(魁 2012/04/21 13:50 更新)


年々観光客が増えているようですが、
それと比例して、マナーの悪い人も多くなったように思います。

木道を外れて写真撮影。

特に凝ったカメラを持参する、自称カメラマン(笑)。

腕の良い人は、人の道を外れてまで撮りません。
近くに行けなくても、それは技術でカバーできますから。
それにその花の周囲には、まだ芽を出さない花の存在もわかっているから
決して足や三脚を踏み入れません。

なのにね~美しい花を撮るために、美しくない行動をするのはなんとだ!?

今年強く感じたのは、おばちゃん。
今までは上記のようなマナー違反をするのは中高年の男性でしたが、
最近は「カメラ女子」の勢いが中年女子にも波及。
そんな姿は情けないですよ。

子どもの前だど、やめれこらぁ

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG