四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
わらび劇場で「幕末ガール」
今年度、たざわこ芸術村 わらび劇場での1本目の公演は

幕末ガール ~ドクトル☆おイネ物語~

moblog_b58f2755.jpg

昨年、愛媛の坊ちゃん劇場でロングラン公演され、
大好評だった作品で、とても楽しみにしていました。

わらび座では珍しく、主演のイネ役、五十嵐可絵さんは劇団四季出身。

わらび座出身の劇団員さんとはまた違った、パワフルな演技に、
泣いて、笑って…心から楽しめました。

日本史選択者ではない私は、江戸末期~昭和初期の歴史が苦手。
今まで何度も、勉強してから観ればよかった、と思うことがあったんですが、
今回は大丈夫。

moblog_a2b48a12.jpg

↑の「わらび劇場情報」に、
イネの生涯や関する人物、歴史、地理がバッチリと解説しており、
劇場にも解説パネルがあったので、すんなりと入っていけました。
シーボルトについては理解していたつもりでしたが、
まさかお滝さんとの間に娘が生まれていて、
しかもお医者さんになっていたとは…!


村田蔵六(大村益次郎)のことも全く知らなかったんですが、
観劇後に有名人とわかりました(^_^;)
彼を演じた、村井成仁くんはわらび座期待の役者さん!
3年目とは思えない、堂々とした演技に感心しました。

今回も総勢13人とは思えない、
深い演技と舞台に酔いしれました♪


帰宅後は購入したコミック(買って本当に良かった!)を読んで、
さらなる感動に浸りました。

ネットで晩年のおイネさんの写真を見たのですが、
本当にハーフ!
っていうか、江戸時代でこの容姿の女が医師を目指すなんて、
なんぼ難儀したんだべか…。

6月9日(日)の最終日まで、ラスト11公演です。
女子とお母さんに観てほしい劇です!
お見逃しなく!!

 ミュージカル 幕末ガール ~ドクトル☆おイネ物語~



コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。