四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
広小路のアーケード
まだ今の秋田駅じゃなかった頃、
こまちが通っていなかった頃。
私が子供だった頃。

秋田さ来た~♪

と感じたのは、お堀を見ながら、広小路のアーケードを通った時でした。

大曲さは無いアーケードへの憧れは大きく、
雨の日でも雪の日でも快適に通れることに
秋田市ってすげ~なぁ、と思ったものでした。

それは近年でも変わらず、
暑い夏の日は、アーケードまで来ると、ホッと一息つけました。

しかし、商店主さん達の負担は大きかったようで、
一部を残して、撤去が決まり、先日から作業が始まりました。

次に通る時、寂しさがあるんだろうな。
今までありがとう、さよなら、憧れのアーケード。



広小路アーケード撤去、10日ごろ開始 鉄柱31本は街路灯に

 秋田市広小路商店街振興組合(佐々木清理事長、19組合員)は10日ごろから、広小路のアーケード撤去を始めると発表した。10月末の終了を見込んでいる。

 にぎわい交流館で5日開かれた説明会には、組合員や地権者33人が出席。撤去するのは秋田キャッスルホテル周辺を除いたアーケード(約260メートル)。鉄柱80本(高さ4メートル)のうち、31本は残し発光ダイオード(LED)電球各5個を取り付けた街路灯にする。
(魁 2013/06/06)


アーケード撤去作業始まる 秋田市の広小路商店街

 秋田市の広小路商店街のアーケード撤去作業が12日深夜、始まった。作業員は西側にあるアーケード(約32メートル)の屋根に上り、屋上通路の手すりなどを撤去した。

 撤去作業は車の交通量が少ない午後11時〜午前5時に行われ、10月末まで続く。14日には25トンクレーン車を使い、屋根本体の撤去を始める予定。7月中旬までにアーケード西側部分の撤去を終え、9月中旬から東側部分の撤去を始める。観光客が増える竿燈まつり期間や、帰省者の多いお盆期間などは工事を休む。

 撤去するのは、木内前と秋田キャッスルホテル前を除いたアーケード(計約260メートル)。アーケードの鉄柱80本(高さ4メートル)のうち31本は残し、発光ダイオード(LED)電球を5個ずつ取り付けて街路灯として活用する。
(魁 2013/06/13 00:16 更新)


広小路商店街:アーケード撤去を開始

 老朽化に伴う秋田市中心部の広小路商店街のアーケード撤去作業が12日深夜から始まった。総延長322・9メートルのアーケードを4区間に分けて段階的に撤去する計画で、作業は交通量の少ない深夜に進められる。

 この日は南側の31・7メートルの区間から始まり、作業員7人が約4メートルの屋根に上り、屋根の点検用通路の手すりやアーチ状の天窓などを取り外していった。13日以降は25トンクレーン車を使ってアーケードの本体部分を解体し、発光ダイオード(LED)街路灯にする柱と一部の屋根を残す。

 通行人は作業を驚いたように見つめ、携帯電話のカメラに収める人も。近くに住む男性(45)は「木内百貨店に面するにぎやかな通りでアーケードは通りの顔だった。アーケードじゃなくなるのはさみしい」と話した。【仲田力行】
(毎日新聞 2013年06月14日 秋田版)


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG