四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今年も桟敷の倍率は3倍超
七夕の日曜日、西目へ向かうために日の出町を通ると…

あちこちに警備員。

日曜日なのに、やたら多い通行する車と歩く人と駐車している車の数。

…桟敷か!

抽選開始から2時間以上経っていたのに、

まだまだ行列~!?


昔、8月1日に市役所に並んだ時は平和だったなぁ。

ほとんどが大曲市民だったし、ちゃんと買えたし。


公民館の近隣の店舗、無断駐車されてないだろうか、

心配になったほどの人の数と車の数。


三千人以上も集まるなら、

駅弁の立ち売り方式で、飲食物や名産品、土産物を販売しても良いのでは?

(もしかして既に実施してる?)


無事桟敷を購入できた方々、おめでとうございます。

購入できなかった方は、ネット抽選で再挑戦を。


我が家は、家でテレビの解説を聴きながら、

窓全開にして花火鑑賞します。

屋根さ上がればもっと見えるんだども、

雪ねーばおっかねぐって上がれねぇがらなぁ。

風向きによっては、音が全然聞こえなくなってしまうんで、

程よい風になりますように。

津雲さんの歌は絶対に聴こえますように。


好天に恵まれて、大曲さ集まった人達がみんな花火を楽しめますように☆





3164人、桟敷席販売に長い列 大曲の花火、倍率は3・16倍

 来月24日に開かれる第87回全国花火競技大会(大曲の花火)の桟敷席の直接販売が7日、大仙市の大曲市民会館で行われた。間近で迫力ある花火を楽しもうと、雨天にもかかわらず早朝から3164人が列をつくり、抽選に臨んだ。当選したのは千人で、倍率は3・16倍だった。

 実行委員会ではより多くの人に購入してもらおうと、昨年より当選者を百人増やした。購入希望者の列は昨年(3068人)から96人増え、100周年記念大会だった2010年(3147人)を上回った。実行委は「当選者を増やしたことで、当たる期待感が高まったのではないか。創造花火が来年で50周年を迎え、今年はその序章。花火に対する期待もあると思う」と話している。

 この日は午前4時ごろから希望者が会館前に列をつくり始め、同8時までに並んだ人に実行委が整理券を配布。パソコンによる抽選結果が読み上げられると、声を上げて喜ぶ当選者の姿が見られた。
(魁 2013/07/07 22:44 更新)


大曲花火の大会概要

20130708-380165-1-L.jpg
大曲の花火(昨年8月25日、大仙市で)

 8月24日に大仙市の雄物川河川敷で開かれる「第87回全国花火競技大会」(大曲の花火)について、主催する大仙市と大曲商工会議所が、大会概要を発表した。今年のテーマは「創造花火 半世紀 序章 守(しゅ)・破(は)・離(り)」。昨年に続き、岩手県宮古市などから被災者ら約360人を招待する。

 「守・破・離」は武道などを修める時、「まず型に徹し、次に型を破り、最終的に型から離れた自在の境地に達する」という考え方を表した言葉。1964年に始まった創造花火が、来年で50年を迎えるため、さらに花火文化の進化を目指そうという気持ちを込めた。

 午後5時半スタートの昼花火と、午後6時50分からの夜花火には、ともに全国の27業者が参加し、創意工夫を凝らした作品で技を競い合う。昨年と同様、主な花火(2・5~10号玉)だけで約1万8000発を打ち上げる。

 午後8時45分から予定されている目玉の「大会提供花火」については、「Mission(ミッション)『あ』」という題名だけが発表された。今年は打ち上げまで内容を伏せる趣向という。また、数々の企業提供花火のほか、昨年の内閣総理大臣賞を受賞した山内煙火店(山梨県)の特別プログラム「和・美~和から彩り~」もある。

 有料観覧席のインターネット申し込みは、12日午後4時まで。詳細は大曲の花火公式サイト(http://www.oomagari‐hanabi.com/)へ。
(2013年7月9日 読売新聞 秋田版)



コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。