四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
わらび座でブッタを観劇
先週、たざわこ芸術村わらび劇場

ブッダを観てきました。




「火の鳥 鳳凰編」、「アトム」に続く、

わらび座による手塚治虫作品のミュージカル化、第三弾です。

ブッダは単行本で全巻持っているほど、大好きな作品。

これがわらび座ではどんな風に表現するのか楽しみでした。


清楚なイメージの椿千代さんが、妖艶な女盗賊ミゲーラに、

ベテランの岡村雄三さんが、対照的な二役を演じ、

四宮貴久さんはピッタリの“イケメン”ルリ王子に、

三重野葵さんは、タッタという難しい役を見事に演じ、

そして、戎本みろさんがシッダールタになりきりました!


わらび劇場にしては珍しく冷房が効きまくって、かなり涼しく、

なぜ?と思っていたら…

今まで観た作品の中で、最も激しい動きで、

これは役者さんの為にも冷やさないと、倒れてしまう!と納得。


ブッダの深き悩みを動と静で見事に表し、

差別や生きることの意味を考えてしまいました。


これは、今こそインドで上演するべきだ!!!

と強く思いました。


女性軽視というよりも、女性の人権、いや、生命権すら軽んじて、

様々な悲惨な事件が起こっている現在のインド。

わらび座が行って、少しでも多くの人(特に男性)に観てほしいです。


 ミュージカル ブッダ


ABSの極上ラジオに出演した戎本みろさんが「劇終了後、拝まれるんですよ」

と話していたのがよくわかりました。

次にお会いした時は、手を合わせてしまうと思います…。


ランチは田沢湖ビールレストランで♪

カレーフェア―開催中で、カツカレーセット1,230円でお腹いっぱいになりました

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG