四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
土屋館わいわいスペシャル広場
市の広報11月15日号に同封されたチラシで、全貌が明らかになりました!

秋田ワインカーニバル&納豆サミット
「comousring omagari 2013」


moblog_700cd757.jpg

moblog_d3135039.jpg

moblog_60aadba2.jpg

moblog_e9076ad6.jpg

詳しくは

 花火通り商店街 Facebook

23日は、腹空かせて、じぇんこへっぺ持って、歩いて街さ行ぐど~!





ぐるっと秋田:大仙仙北特集 

ワインと納豆味わう 23日に「カモースリング大曲」 

花火通り商店街、初開催



 ◇地酒も用意

 ワインと納豆−−。和と洋の発酵文化をそれぞれに合う食と酒とともに味わう催し「カモースリング大曲2013」が23日、大仙市のJR大曲駅前の花火通り商店街で初めて開かれる。通りの約250メートルは歩行者天国となり、30張り以上の出店テントが並ぶ予定。

 「醸す」と「リング(輪)」をかけたイベントで「秋田ワインカーニバル」と「納豆サミット」を同時に開催する。これまで、「大曲の納豆汁」旨めもの研究会が2010年から単独でイベントを開いていた。一方、大仙市在住の小西亨一郎さんが会長を務める県ワイン協議会も新酒の解禁時期に合わせたイベントを検討。そこで、二つを同じ日に開き、地域を盛り上げようと企画した。

 ワインは鹿角市や横手市大森地区など秋田県産をはじめ、花巻市など岩手県産やオーストリア産の新酒など約80種。グラス1杯(50ミリリットル)を200〜500円で提供する。おつまみとして、大仙市の嶋田ハムや塩ホルモン、仙台市の牛タンなどグルメ料理のブースを設ける。

 納豆は市内の飲食店などがB級グルメとして知られる「大曲納豆汁」を300円で出す。加えて、大仙市や美郷町などの酒造会社の日本酒40〜50種を用意する。

 主催する大仙市DC推進委員会の黒沢輝委員長は「地元のコアな食材である納豆に県産ワイン、地酒。大曲ならではの味わいを楽しんでほしい」と呼びかけている。

 イベントは午前10時から午後3時まで。先着1000人には、飲み歩き専用の優待グラス(1000円)を販売。ワイン、日本酒のいずれか3杯分のチケットが付く。問い合わせは黒沢時計店(0187・63・2558)へ。【小林洋子】
(毎日新聞 2013年11月17日 秋田版)


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。