FC2ブログ
四季の美しい秋田 大曲から よいところ 美味しいもの 面白いこと ブラウブリッツ秋田について お伝えするブログです
page top
牛もつ鍋☆イーストモールで買ったもの
養悦さんの稲庭ざるらーめんが食べたくなったので、
久しぶりに花火の余韻が残るイーストモールへ。

店内は帰途へつく県外のお客さんが多く、
地産地消の広場」を中心に大賑わい!
津雲優さんのCDを購入する人も多数。
7月の売上ランキングが掲示され、なんと1位が養悦さんの稲庭ざるらーめん
えー、そんたに売れていたんだ。嬉しいなぁ。

が、…無い!稲庭ざるらーめんが無い!!
店員さんに聞いたら「すみません、売り切れてしまって」。
花火で人よけぃ来るってわかってるんだから、たくさん入荷しておけばいがったのに~。
買いそびれた人も多いでしょうね。ガックリ


夜はざるらーめんのはずが、なんとそー、と思って精肉コーナーを見まわしたら、
初めて見た商品が。

20090824154017

うまか屋 みなちゃん 牛もつ味付け

もつ鍋を勧めていて、暑い夏に鍋?と思ったけど、
材料にこだわり、簡単に作れそうだったので、決定。
数年前に東京で流行っていたよな、ホルモン鍋。
夫が飲み会で行食べたことがあるので、
材料や締めはどうしようと聞いたら、
これが近い、と持ってきたのが熊谷フーズのラーメン。
袋を見たら、カレー温麺に使われているもの。
キノコは秋田十條の華まいたけ(Jino…涙)に決定。

20090824154020


帰宅後、ニラを買い忘れる失態に気付くも、
ネギの青い部分で代用。
中に入っていたイラスト付きの説明書通り、
フライパンに味付け牛モツを入れ、
おろしニンニクを乗せ、うめぇ兵衛のすくい豆腐と
もやし、キャベツ、ネギ、ネギの青い部分、華まいたけを積み上げ、
すごい高さになりました。

あまりの野菜の量に味が薄いんじゃ、と不安になり、
酒、みりん、少しの醤油を入れました。
強火にかけて数分後、あっと言う間にぺたんこになり、完成。

味は…うめーー!
食べたことのない、強烈な味でした。
なので、山のような野菜を簡単に食べきることができました!
残りのスープに麺を入れ、ラーメンも良い!!

湯沢市の(有)皆清の「牛もつ味付け」は、国産牛もつに、
丸大豆醤油、日本酒、砂糖、みりん、豆板醤、唐辛子、ラージャジャン
のタレ。シンプルな材料ですが、深い味。
写真を拡大して見ると、タカヤナギの原材料表示に、「調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類」
とありますが、入ってませんよ~。無化調、無添加で安心食材でした。
580円でしたが、お店で食べると思えば安い。
内臓系が苦手な夫も「店で食べたのよりも油っぽくなくて美味しい」と絶賛だったし。

他の鍋に比べて手軽に、失敗無しに素早く完成できるのも良し。
しばらくはまりそうです♪
page top
稲庭ざるらーめん
先月下旬にイーストモールで「湯沢のうめぇものまつり」が開かれ、
湯沢から業者さんが来て試食販売しました。

(有)佐藤養悦本舗さんも新商品を宣伝していました。
それは先月の魁の県経済面やアンドナウで取り上げられた、
北海道産小麦粉100%使用の稲庭生らーめんの夏バージョン、
稲庭ざるらーめん」。

試食したら、「稲庭生らーめん」以上にツルっとした喉ごし。
暑い日はこっちだ~、と購入しました。

1食ずつ、ぐらぐら沸いたたっぷりの湯に入れ、
再沸騰してから2分ちょっと茹で、
水で引き締めてざるに盛り付けます。

20090722092757

ざるが川連漆器でないのが悔しい。
ねぎもまだ時期じゃないので使っていませんが、
ねぎとわさびで、ざるそば風もいいかも。


もちもちしながらも、ツルっとした喉ごし。
稲庭うどんのようだけど、味はやっぱりラーメン。
不思議な味わいを皆さんもぜひ一度お試しください。


(有)佐藤養悦本舗さんの稲庭町の工場へ買いに行くか、通信販売以外では
イーストモールの“地産地消の広場”でしか買えないそうです。

20090722092754





(隣にある吉田春雄商店さんのにしん昆布巻も美味しいですよ)

常時取り扱っています。
大曲市民でいがったなぁ♪
ストレートつゆ付き、2食入りで税込み420円です


 稲庭うどんの佐藤養悦本舗

つづきを表示
page top
秋田のサクランボ「紅秀峰」
先月のブログアップロードファイル佐藤錦」を紹介しましたが、次は「紅秀峰」を。

今年の秋田はサクランボが数年ぶりの大豊作でした
品質、収量ともにここ数年では最も良かったそうです。
それで、タカヤナギの産地直送ギフトも期間を延長して受け付けていました。

今月になって、急に御礼の品を贈る必要があり、
まだサクランボを受け付けしていたので、それを申し込みに行きました。
すると残念ながら、佐藤錦は品切れ、紅秀峰のみ可、という状態でした。
紅秀峰って、どんた味なんだ?
佐藤錦の次の主力品種とは聞いていないし、
受粉用の別品種ってことか?
サクランボはブルーベリー同様、他品種を混植し、受粉することによって、
美味しい実がたくさんつきます

悩みましたが、豊作の年のものを味わってほしい、と申し込みました。


その数日後に、あの一粒800円の「クィーンブラッド」を販売した
三関の加藤さんが、またテレビ取材を受けていました。
今度はサクランボを輸出する!とのこと。
山形では普通なのかもしれませんが、秋田では初耳。
なんと加藤さん、佐藤錦ではなく、紅秀峰を輸出するとのこと。
やはり予想通り、紅秀峰は受粉用に植えられているものでした。
佐藤錦は果皮が薄く長距離輸送すると傷んでしまう可能性がある。
しかし、紅秀峰は果皮がしっかりしていて長距離輸送に耐えられる、と判断されたそうです。
受粉用とは言え、紅秀峰も佐藤錦に負けない甘さがある、と話していました。

これを聞いて一安心。ある程度のレベルのサクランボなんだ~と。
でも店頭で売っていたら食べて確かめようと思いました。

贈り先から、届いて美味しくいただいている、と電話があった数日後、
イーストモールの店頭で売られているのを発見!

20090716141240

贈ったものと同じ、増田町のながいわ農園さんの紅秀峰。
見た目は、佐藤錦が朱色っぽい赤だとすると、
紅秀峰は紫に近い赤。
食べてみると、確かに果皮が風船のようにはじける佐藤錦とはちがって
紅秀峰は歯ごたえがある
でも、甘さと酸味が絶妙で美味しいグー!

贈答用はこれよりもずっと粒が大きいので、もっと美味しいはず。
贈っていがったなぁ。


タカヤナギさ置いてらった「あきた旬歳時記」をもらってきました。

20090716141243

十文字町桜桃生産者協議会が取り上げられ、
十文字さくらんぼ」の美味しい秘密が紹介されていました。

興味深いのは、十文字さくらんぼはLサイズに標準をあわせていること。
他産地では付加価値を高めるために、2Lや3Lの大粒を目指しているけど、
十文字では贈答品よりも家庭で気軽に食べてもらうことを優先するため、
あえてLサイズのリーズナブルな価格にこだわっているそうです。


湯沢市の三関ブランドは贈答品向け、
十文字町は地元民向け、ということでしょうか。
じゃあ増田は中間?

今まで三関のは贈答品でしか購入したことがなかった
(自分ではたべられない=もらえたら食べられる)ので、
来年は自分達の分は十文字さ食いに行くがな~。


紅秀峰の収穫時期は佐藤錦よりも少し遅いようなので、
ただの受粉用で終わらせるのでなく、
第二の主力品種として、どんどん宣伝し、
上手な販促で売り込んで
いってみては、と強く思いました。
page top
湯沢・三関のCharmy Cherry♪
20090624134540

近所の方から、農家直送の佐藤錦をいただきました!
その一部を撮影。

味は…もちろん最高に美味しいです!!!

粒が大きく、軟らかい果肉は程良い酸味と信じられないくらいの甘さ

あー幸せ~kao04


今月22日の魁さも湯沢のさくらんぼの特集記事があり、
食べたいなー、いつ買おうかなーー、と悩んでいたら
タイミングよくいただきました。

湯沢産佐藤錦の最上級のものは銀座千疋屋や新宿高野
などの高級果物屋でも売られているそうです。
1箱1万円以上もするとか!


私も毎年全国の友人や親戚に送ります。
すると全員から同じことを言われます。

「ありがとう、とても美味しいよ。
山形だけでなく、秋田のさくらんぼも美味しいんだね

…山形よりも収量は少ないけど、
品質と味では負けてない、勝ってるよ!と悔しいです。

もっと有名になってほしい、湯沢のさくらんぼです。

あ、十文字や増田のさくらんぼも美味しいですよー。


今年は例年以上に美味しいように思います。
細心の注意を払って栽培・収穫してくれた農家の皆さんに感謝!

夕方には親が戴き物の佐藤錦を持ってきてくれます。
さくらんぼ天国だ~~♪

つづきを表示
page top
一番んめぇ豆腐「うめぇ兵衛」
イーストモールへ買い物に行きました。
ふと見たら、見覚えのある豆腐がずらり。
20090530183325

うめぇ兵衛だ!えぇ

昨年の秋までは、毎日のようにヤマサで買っていた豆腐。
我が家では最も美味しいと大好評の豆腐。

今だけの期間限定販売か!?と思って見たら、
販売員さんがいて、試食を勧めてくれた。
子どもも喜んで食べ、おかわりまでしてる汗;

ナベショクさんの豆腐は本当に美味しいですよ、
黒蜜かけたらデザートにもなります!

と力説する販売員さん。
その美味しさは、醤油も薬味も無しで、
パックからそのまますくって試食するというスタイルに表れています。


以前ここで少し書きましたが、
増田町の(有)渡辺食品工業さんが作る
秋田地豆とうふ 豆富村 うめぇ兵衛
は最高です。
秋田県産の「りゅうほう」という品種の大豆とにがりと水だけで作っています。
消泡剤も使っておらず、安心かつミネラルたっぷり
消泡剤無添加=じっくり作られたため、豆の甘さが強い、
まるでスイーツのような豆腐

「京王百貨店の物産展では300円で売られているんですよ」と販売員さん。
そりゃ東京の人なら買うでしょう、その価格でも。

「すくいとうふ」が178円、「濃厚寄せ」が198円。
今日と明日だけは20円引きで販売。
6月からはタカヤナギで通常取り扱いするとのこと。

やったーーー

「うめぇ兵衛」を食べてからは、他社の豆腐では満足できず、
豆腐を食べなくなっていました。
豆腐では高価格かもしれませんが、
安心安全と美味しさ=値段以上の価値があります
嬉しい!

「うめぇ兵衛」と「大保納豆」があれば、あとはご飯だけで十分♪
美味しい大豆製品が買えて、秋田県民でいがったなぁ。


 (有)渡辺食品工業のHP

新聞紙秋田県産大豆リュウホウのおいしさを伝える大豆加工販売(PDF)

検索してみたら、全国の有名百貨店の物産展に出店しているようですね。
また、通常販売しているデパ地下も!
「濃厚寄せ」が315円~400円程で売られているようで、
購入者が食べた感想で絶賛しているブログも多数!
タカヤナギでは地元価格で毎日買える…幸せですにっこり
映画『未来の食卓』
© 美の国秋田 大曲生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG